AutoCAD LT 2017 基本講座

トリム、延長について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトの切り取りや延長について説明します。オブジェクトの交点を基準にしてトリミングや延長が行なえるようになります。
講師:
06:09

字幕

このレッスンではオブジェクトの 切り取りや延長について説明します。 オブジェクトの交点を基準にして トリミングや延長が行えるようになります。 では TrimExtend という ファイルを開いて作業をしていきます。 トリムコマンドは オブジェクトの交点を基準として オブジェクトの部分削除を 行うものです。 ではトリムコマンドを使用して この上の図のような スロット形状を作成してみましょう。 「ホーム」タブ 「修正」パネルから 「トリム」ボタンをクリックします。 この図にはスロット形状を作成するための 線分や円は描かれていますが まだ完成していません。 トリムを使用して スロット形状を仕上げていきます。 トリムコマンドを実行すると コマンドウィンドウには 現在の設定が表示されます。 ここで function キーの F2 キーを押してみましょう。 「オブジェクトを選択」 「境界エッジを選択」と 下から順に表示されています。 この様に F2 キーを押すことで コマンドウィンドウの内容を 複数行にわたって 一括表示することができます。 再度 F2 キーを押すと 表示を消すことができます。 初めに基準となる オブジェクトを選択します。 この時、どのオブジェクトも選択せずに Enter キーを押すと 図面内のすべてのオブジェクトが 切り取りエッジとして選択されます。 今回のようにトリムをする場所が はっきりしている場合は 個別に選択したほうが 作業しやすくなりますので スロット形状の元となる 斜めの線分と円を選択します。 オブジェクトの選択確定後 「トリムするオブジェクトを選択」 プロンプトが表示されますので トリムを行うオブジェクトの 不要になる側をクリックします。 切り取りエッジとして選択したオブジェクト との交点を基準にトリムされます。 カーソルを乗せると 切り取られる部分がフェード表示されるので 実際にトリムをする前に トリム後の状態を確認できるので便利です。 また、トリムするオブジェクトを 選択する際に範囲選択を行う場合は 交差選択のみが可能になります。 特に交差しているオブジェクトを トリムできるので 複数のオブジェクトを一括で 切り取りすることが出来ます。 ところで、トリムコマンドを実行中に オブジェクトそのものを 削除しなければいけなくなることがあります。 その時には 「削除」オプションを使用すると トリムコマンドを キャンセルしなくて済みます。 では今回は、このまま Enter で終了します。 延長、EXTEND コマンドは トリムコマンドと同様に オブジェクトとの交点を基準とした 延長を行います。 この図の中心線が 不揃いなので 延長とトリムを使って 仕上げていきましょう。 初めに延長やトリムの境界となる 参照のためのオブジェクトを オフセットを使用して 作成します。 オフセット間隔は 10mm で 左右の外形をオフセットします。 2か所がオフセットできたら Enter で終了します。 では「ホーム」タブ 「修正」パネルから 「トリム」のフライアウトを選択して 「延長」ボタンをクリックします。 境界エッジとして、延長の基準となる オブジェクトを選択します。 今回は先程作成した円と 円弧を選択します。 トリムコマンドと同じく この時も何も選択せずに Enter すると 図面内のすべてのオブジェクトが 境界エッジとして選択されます。 境界エッジとしての オブジェクトを選択した後 延長するオブジェクトの 延長したい側をクリックします。 延長するオブジェクトは クリックした側が 境界エッジと交差するまで 延長されます。 尚、Shift キーを押しながら オブジェクトを選択すると 延長ではなくトリムを行うことができます。 この左側が長すぎるので トリムをしてみましょう。 ではこれで中心線が仕上がりました。 Enter してコマンドを終了します。 延長やトリムをするために作成した 境界エッジは もうこれで不要ですので 削除を行います。 この時、削除するオブジェクトを選択する際に 直前のコマンドで使用した オブジェクトを選択する際のオプション p を入力すると 今回不要なオブジェクトを 一括選択できるので便利です。 以上、このレッスンではトリムと 延長の操作を説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。