AutoCAD LT 2017 基本講座

フィレット、面取りについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトのコーナーを処理する機能について説明します。角の部分を丸めたり、面取りしたりできるようになります。
講師:
05:19

字幕

このレッスンではオブジェクトの コーナーを処理する機能について説明します。 角の部分を丸めたり 面取りしたりできるようになります。 では FilletChamfer という名前のファイルを開いて 実際に作業をしてみます。 フィレットコマンドは オブジェクトの交差部を 接円弧によって丸める、 つまり角Rを付けるコマンドです。 下側の正面図で円筒と 腕の付け根の部分に フィレットを作成してみましょう。 「ホーム」タブ「修正」パネルから 「フィレット」ボタンをクリックします。 コマンドを実行したら F2 キーを押して コマンドラインを確認してみましょう。 現在の設定として フィレットの半径値が表示されていますが 値は0になっています。 半径値0でフィレットをかけるということは Rがないということになってしまうので 何も変わりません。 半径の設定は「半径」オプションで 行うことができます。 今回は半径値を2とします。 フィレットをかける最初のオブジェクトを 選択した後 2つ目のオブジェクトにカーソルをあてると フィレットのプレビューが確認できます。 また、2つ目のオブジェクトを 選択、確定する前に 半径の値を再設定することができます。 今回は2では少し小さいので 半径値を5に設定してみます。 もう1度プレビュー表示で 確認します。 半径値は5で確定したいので このまま選択を確定します。 連続してフィレットを行いたい場合は 「複数」オプションを 選択することで可能です。 今回は1度フィレットコマンドを 完了してしまったので 再度フィレットコマンドを実行します。 下側にもフィレットを作成します。 半径値は直前の半径値を 覚えていますので 改めて入力する必要はありません。 このまま選択を完了します。 面取りコマンドは フィレットコマンドと似ていますが 接円弧ではなく線分でコーナーを 切り取ります。 また選択対象となるオブジェクトは 線分、またはポリラインといった 直線のみです。 ここでは円筒の上側に 面取りを追加します。 「ホーム」タブ、「修正」パネルの 「フィレット」のフライアウトから 「面取り」を選択します。 フィレットコマンドと同様にコマンドラインで 現在の設定を確認してみましょう。 面取り、chamfer コマンドは その方式として 2つの距離の値によるものと 距離と角度によるものの 2種類があります。 これは「方式」オプションで 切り替えることができます。 現在は2つの距離で 面取りを行う設定になっていますが どちらの距離も 0になっています。 今回は等距離で 5mm の面取りに したいと思いますので それぞれの距離を設定してみましょう。 「距離」オプションを選択し 一本目の面取り距離を5とします。 2本目の面取り距離には 直前の値がそのまま表示されているので そのまま Enter します。 また、先程のフィレットコマンドでは 行いませんでしたが ここでは2箇所面取りを行いますので 「複数」オプションも設定しておきましょう。 フィレットコマンドと同様に 1本目の線分を選択した後 2本目にカーソルをそえると プレビューを確認することができます。 この時点で距離の再設定も 行えます。 今回はこのまま実行します。 「複数」オプションを選択しているので 続けて別の個所にも面取りを作成します。 Enter で終了します。 フィレット、面取り共に 図形の角の形状を処理するコマンドですが どちらのコマンドにおいても Shift キーを押しながら オブジェクトをクリックした場合 オブジェクトの交差部は Rや面取りにはならず 頂点が形作られます。 建築図面の包絡処理を行う際に 便利な機能です。 このレッスンではオブジェクトに対して フィレットや面取りを行う操作について 説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。