AutoCAD LT 2017 基本講座

結合、分割について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトの結合、分割について説明します。オブジェクトを2つに分けたり、1つに結合したりすることができます。
講師:
05:42

字幕

このレッスンではオブジェクトの 結合、分割について説明します。 オブジェクトを2つに分けたり 1つに結合したりすることができます。 では JoinBreak というファイルを使用して 実際に操作をしてみましょう。 break、部分削除コマンドは オブジェクトの指定した2点間を削除します。 トリムコマンドとは異なり オブジェクトスナップにより 直接、点を指定して 部分的に削除を行います。 2つの点が同じ点である場合は オブジェクトは分割されます。 では下側にある正面図を 断面図にするために 部分削除コマンドを使用します。 「ホーム」タブ、「修正」パネルの フライアウトから 「部分削除」コマンドを実行します。 「オブジェクトを選択」プロンプトが 表示されます。 部分削除コマンドでは、クリックした 位置が1点目として認識されます。 この様に任意の位置をクリックして カーソルを動かすと 部分削除のプレビューが表示されるので 状態を確認できます。 1点目を正確に指示したい場合は 「1点目」オプションを使用して 1点目を選択します。 今回は断面図として 作図をしたいので 丁度、交点にあたる部分を1点目として 選択します。 続けて2点目を選択します。 2点間で線分が部分削除されました。 次に joint 結合コマンドを使用します。 結合コマンドは複数のオブジェクトを 1つのオブジェクトに纏めます。 上面図の中心線にカーソルを合わせてみると 1本の線ではなく 2本の線に分かれていることが 確認できます。 作図の都合上、オブジェクトを分けて 描くことはよくありますが そのままにしておくと、後の編集が やりづらくなります。 この中心線を1本に 結合しましょう。 「ホーム」タブ、「修正」パネルの フライアウトから 「結合」ボタンを選択します。 コマンドを選択すると コマンドラインに 「ソースオブジェクトを選択または 一度に結合する複数のオブジェクトを選択」 のプロンプトが表示されます。 ソースオブジェクトとして 選択したオブジェクトの種類により その後の動作が異なります。 例えば、ソースオブジェクトとして 線分を選択した場合 同じ直線状にある、すべての線分を 1つに結合することができます。 複数のオブジェクトを纏めて選択した場合は Auto CAD LT は ソースオブジェクトを 自動的に判断します。 ここでは2本に分かれている 中心線を纏めて選択します。 選択後 Enter すると、1本の中心線に 纏まっていることが確認できます。 重複してオブジェクトが存在している時や 作図の都合上で 複数に分けたオブジェクトを 再度纏めたい時などに このコマンドを使用して オブジェクトを整理できます。 では、下側の正面図 こちらを範囲選択してみます。 多くのオブジェクトが重複しているのが わかります。 この様な場合、結合コマンドで1つずつ 結合させるのは大変に手間がかかります。 「ホーム」タブ、「修正」パネルの フライアウトから 「重複オブジェクトを削除」 「OVERKILL」ボタンを選びます。 この OVERKILL というコマンドは 重複したオブジェクトを削除したり 1つのオブジェクトに纏めたりして 図面を整理するためのコマンドです。 オブジェクトを選択し Enter すると 「重複オブジェクトを削除」という ダイアログが表示されます。 このダイアログでは 処理対象のオブジェクトへの 許容差などを設定します。 許容差で設定されている 範囲内のオブジェクトは 重なっているとみなします。 また、規定では色や線種が異なる場合に 違う図形なので処理は行いませんが それらプロジェクトの違いを無視して 処理を行うこともできます。 今回は規定のまま OK します。 もう1度、範囲選択を行ってみます。 オブジェクトが整理 されていることがわかります。 このレッスンではオブジェクトの部分削除、 分割、結合について そして重複したオブジェクトの 整理方法について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。