AutoCAD LT 2017 基本講座

配列複写の編集

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成した配列複写は編集によりその配列の数や間隔などを変更できます。このレッスンでは配列オブジェクトの編集方法について説明します。
講師:
06:43

字幕

作成した配列複写は編集により その配列の数や 間隔などを変更できます。 このレッスンでは配列オブジェクトの 編集方法について説明します。 では ArrayEdit という 図面ファイルを開いて 実際に作業をしてみましょう。 配列複写オブジェクトへの編集には 二つのタイプがあります。 一つ目は配列複写オブジェクト そのものへの編集です。 配列複写オブジェクトを選択すると、 配列複写コンテキストリボンタブから 作成時に設定した 複写の個数や間隔などの プロパティを変更できます。 配列複写コンテキストタブが 表示されました。 では項目を6、 埋めるを 360 に変更してみます。 個数と角度が 指示したとおりに変更されました。 「配列複写を閉じる」ボタンを クリックすると編集が完了します。 次に左側にある矩形の 配列オブジェクトを選択してみましょう。 配列複写コンテキストタブに、 「元のオブジェクトを編集」という オプションがあります。 これは一時的に配列複写の 元オブジェクトの編集を行う状態に することができるというものです。 配列のプロパティは保持したまま 配列されたオブジェクトを 修正することができます。 項目を選択というプロンプトが 表示されますので、 四角のいずれかを選択します。 編集モードに入ってよいかを確認する プロンプトが表示されますので OK します。 次に選択した項目に対して 編集を行います。 この四角形はポリラインで 作成されています。 面取りコマンドを使用して、 面取りをかけてみましょう。 ホームタブ>修正パネルから、 面取りを選択します。 右クリックのオプションメニューから ポリラインを選択し、 もう一度右クリックして 距離を選択します。 そして面取りの距離を設定します。 今回は 10×10 の面取りを作ります。 ポリラインを選択すると、 背景のフェード表示されている四角形にも、 面取りがかかっていることが 確認できます。 リボンの配列複写を編集パネルから、 「変更保存」ボタンをクリックすると、 編集が完了します。 さらにコンテキストリボンタブからは、 配列されている 個々の項目オブジェクトを 別のオブジェクトに 置き換えることもできます。 円形配列オブジェクトを選択します。 配列複写コンテキストタブから、 項目置き換えボタンを選択します。 置き換えるオブジェクトとして、 円形の上側にある六角形を選択します。 そして Enter キーを押します。 置き換えるオブジェクトの起点として、 優先オブジェクトスナップの、 図心を使用して、 六角形の中心を指示します。 次に置き換える項目として、 円形配列の形状を 変えたい穴を選択すると、 円が六角形に置き換わります。 その後 Enter を押して、 ショートカットメニューから、 終了を選択すると、 置き換えが完了します。 配列複写コンテキストタブの 「配列複写をリセット」を使用すると、 置き換えた項目を元のオブジェクトに 戻すこともできます。 では「配列複写を閉じる」で終了します。 二つ目の編集は配列された 個々の項目に対する編集です。 配列オブジェクトに 内包されている図形要素を 「項目サブオブジェクト」と呼びます。 Ctrl キーを押しながらクリックすると、 サブオブジェクトを選択できます。 選択された項目サブオブジェクトは 移動や回転などの AutoCAD コマンドや グリップ編集により個別に 編集することができるようになります。 ではプレートの周囲に パス配列された穴を修正してみましょう。 上側・下側に4つずつ 穴が並んでいますが、 この内のいくつかを削除してみます。 Ctrl キーを押しながら、 穴をクリックします。 選択したら、削除ボタンで 削除を完了します。 選択した穴が削除されました。 残った穴は中心線の中点にくるように、 グリップ編集で位置を移動させます。 ではこちらの穴を中心線の 中点に配置します。 下の穴も移動させます。 項目サブオブジェクトに対する編集は、 配列複写のプロパティには影響しません。 確認してみますと、項目は 10 個のままになっています。 そして配列複写コンテキストタブの 「配列複写をリセット」を 使用すると、項目に対する編集を 元に戻すことができます。 この機能はプロパティは 変更したくないけども、 一部分だけ調整したい という場合に便利です。 このレッスンでは自動調節 配列複写オブジェクトに対する 様々な編集について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。