AutoCAD LT 2017 基本講座

オブジェクトプロパティの応用

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、オブジェクトプロパティのコピーや、プロパティに基づく選択方法を説明します。プロパティに関する知識が深くなります。
講師:
05:30

字幕

このレッスンではオブジェクトプロパティの コピーやプロパティに基づく 選択方法を説明します。 プロパティに関する知識が 深くなります。 では UseProperty という 図面ファイルを開いて 実際に作業をしてみましょう。 プロパティをうまく使用すると 画面上でグラフィカルに オブジェクトを選択するだけでなく ある条件に基づいた選択を 行うことができます。 「表示」タブ、「パレット」パネルから 「オブジェクトプロパティ管理」ボタンを 選択して プロパティパレットを表示します。 q select クイック選択コマンドにより オブジェクトの種類や そのプロパティの値などの条件に基づいて 一括選択を行うことができます。 これにより、より効率的に 目的のオブジェクトを 一括選択することができます。 それでは、この図面の中で 柱と壁のオブジェクトを まとめて選択してみましょう。 オブジェクトプロパティ管理パレットの 上部にある「クイック選択」 こちらのボタンを選択します。 「クイック選択」ダイアログが 表示されます。 「適用先」 これは選択範囲のことです。 今回は「図面全体」 これを使用します。 「オブジェクトタイプ」 ドロップダウンリストから オブジェクトの種類を特定できます。 柱はポリライン 壁は線分で描かれていますので 今回は「複数」を選択します。 「プロパティ」の選択リストから 「画層」を選択します。 そして「演算子」は「等しい」 「値」は「躯体(柱)」 を使用します。 OK をクリックすると 柱のオブジェクトが選択されているのが 確認できます。 しかし、壁を選択できなかったので もう一度「クイック選択」を実行します。 「適用先」は「現在の選択セット」 つまり今選ばれている 柱のオブジェクトの中からさらに選択を行う という状態になっていますが 今回は「図面全体」に切り替えます。 そして「プロパティ」リストから 「画層」を選択し 「値」は「躯体」を選択します。 そしてこれは先程の柱の設定に 追加を行うので 「現在の選択セットに追加」ボタンに チェックを入れます。 そして OK をクリックします。 壁も選択されました。 画層の表示、非表示などの 状態をコントロールして 範囲選択することで 同様のことを行うこともできますが この様なプロパティに基づく選択を行った方が はるかに効率が上がります。 また、この適用方法オプションを使用して クイック選択を数回繰り返すことにより 今やった操作とは逆に 選択オブジェクトを絞り込んでいく ということもできます。 オブジェクトのプロパティを 別のオブジェクトにコピーして貼り付ける ということができます。 「ホーム」タブ、「プロパティ」パネルの 「プロパティコピー」ボタンを クリックします。 ここでは書斎のドアのプロパティを その他のドアに貼り付けます。 コピー元として書斎のドアの円弧を 選択しました。 コピー元のオブジェクトを選択すると 設定オプションが利用できるようになります。 これにより、どのプロパティを 貼り付けるのかを ダイアログで決めることが出来ます。 「プロパティの設定」ダイアログが 表示されます。 チェックボックスがオンになっている項目が 貼り付けられます。 例えば「画層」プロパティのみを貼り付ける ということができます。 また、ダイアログの下の方には 「特殊プロパティ」という欄があります。 ここでは文字や寸法のスタイル等を 貼り付けるかどうかを設定できます。 今回は、これらすべて OK のままで 構いませんので OK をクリックします。 そして、コピー先オブジェクトとして 図面内にあるドアを表すオブジェクトを それぞれクリックします。 オブジェクトのプロパティが 貼り付けられていきます。 間違って異なるオブジェクトを 選択しないように クリックだけではなく、窓選択や交差選択を うまく使うと良いでしょう。 すべてのドアにプロパティを 貼り付け終わったら Enter を押してコマンドを 終了します。 このレッスンではプロパティに基づく 選択方法や オブジェクトプロパティのコピーについて 説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。