AutoCAD LT 2017 基本講座

寸法オブジェクトの編集

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、寸法の編集について説明します。寸法の配置位置や描かれ方を調整できるようになります。
講師:
06:33

字幕

このレッスンでは 寸法の編集について説明します。 寸法の配置位置や描かれ方を 調整できるようになります。 それでは DimEdit という ファイルを開いて 実際に操作をしてみましょう。 寸法値の配置位置の変更など 簡単な編集には グリップ編集を使用すると とても便利です。 寸法を選択すると 寸法値、寸法線の短点 そして寸法の起点に グリップが表示されます。 それぞれのグリップを選択すると 配置位置を変更することができます。 規定の設定では、寸法オブジェクトは 自動調整寸法として作成されます。 これはオブジェクトの変更に際して 自動的に寸法も追随して その配置や計測値が 調整されるものです。 例えば穴と中心線の位置を グリップで動かしてみましょう。 現在、左から 83.5 の位置に 穴が配置されていますが 動かすと寸法値が、自動的に 更新されているのが確認できます。 但し、編集など色々な操作によって 寸法がオブジェクトにアタッチしなくなると 自動調整はオフになってしまいます。 その様な場合、「寸法自動調整 再割り当て」コマンドを使用すると 再び自動調整寸法に 戻すことができます。 「寸法記入」パネル> 「寸法自動調整再割り当て」 ボタンをクリックします。 「寸法」を選択して Enter を押します。 そして関連付けるオブジェクトの点を オブジェクトスナップで指示します。 寸法に表示されるグリップ それぞれにカーソルを合わせると ダイナミックメニューが表示されます。 寸法値の位置のみを移動させたり 寸法値を中心に戻したり 引出線で表示する ということができます。 狭い範囲で寸法を表示する際には この表示が非常に有効です。 矢印のグリップでは 矢印を反転させることも可能です。 また寸法を選択した状態での 右クリックのショートカットメニューには 寸法の編集に関する 追加のメニューが含まれています。 例えば「精度」こちらを選択すると 寸法値の小数点以下の 表示桁数の設定が行えます。 また「寸法スタイル管理」からは 選択された寸法オブジェクトに対しての 寸法スタイルの切り替えを行ったり 選択された寸法オブジェクトの 設定に基づいて、新規に 寸法スタイルを作成できたりします。 寸法の基本的な記入方法は 寸法スタイルの設定に基づきますが このメニューを使用した場合は 個別の寸法オブジェクトに対して その設定を変更するように 編集が行えます。 これ以外にも、「オブジェクトプロパティ」 管理パレットを利用すると 個別の寸法オブジェクトに対して 寸法スタイルの設定とは 異なる表記を修正することができます。 例えば、寸法に対して 交差を記入したい場合などは 「プロパティ」パレットを 使用すると便利です。 「プロパティ」パレット内の 各項目は、選択した寸法の 寸法スタイルとして設定されている 全ての項目が表示されます。 交差を記入したい場合は 「許容差」の領域で 交差の設定が行えます。 では交差を追加してみます。 「許容差」の表示 こちらを「上下」に切り替えます。 「許容差のマイナス値」 こちらは 0.3 にします。 「許容差のプラス値」 こちらは、では 0.2 にします。 文字が大き過ぎますので 「許容差の文字高さ」 こちらを、では 0.5 にしてみます。 この様に交差付きの表示になりました。 また寸法値に対して 文字の追加を行いたい場合も 「プロパティ」パレット> 「文字」領域の 「寸法値の優先」を 使用すると便利です。 例えば穴の寸法に キリ穴の注記を追加したいと思います。 「プロパティ」パレット> 「文字」領域> 「寸法値の優先」 こちらに文字を追加します。 表示されている寸法値 そのものは生かしたい場合は 不等号記号<>を追加します。 そして、その後ろに「キリ」と 記入します。 この様に表現されます。 尚、この文字の追加は 寸法値をダブルクリックしても行えます。 テキストエディタが表示されますので 例えばシンボルを更に追加したりなどの 細かい操作を行うことができます。 そして、マルチテキストと同じ様に 編集が行えます。 このレッスンでは 寸法の編集について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。