AutoCAD LT 2017 基本講座

マルチ引出線スタイルの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、引出線の設定について説明します。引出し線の表現方法をコントロールできるようになります。
講師:
04:51

字幕

このレッスンでは 引出線の設定について説明します。 引出線の表現方法を コントロールできるようになります。 では acadltiso.dwt を テンプレートとして 新規図面を作成します。 ここで実際に操作をしてみましょう。 マルチ引出線の表現方法は、予め 設定されたスタイルに基づいています。 「注釈」タブ>「引出線」パネルから パネルダイアログボックスランチャーを クリックします。 「マルチ引出線スタイル管理」 ダイアログが表示されます。 このダイアログでは マルチ引出線スタイルの 作成や修正が行えます。 ここでは「新規作成」を クリックして マルチ引出線スタイルを 作成してみましょう。 スタイルの名前は「注記」とします。 「開始元」は Standard を選択します。 これにより既存の Standard という 設定を一旦コピーして 変更箇所だけを変える という方法で設定を行います。 では「続ける」ボタンをクリックします。 表示された「マルチ引出線 スタイルを修正」ダイアログは 3つのタブがあり、マルチ引出線の 構成要素ごとに設定ができます。 「引出線の形式」タブでは 引出線の形状について設定を行います。 では、矢印の形状を変更してみましょう。 「記号」のドロップリストから 「開矢印」を選択します。 そして「サイズ」は 2.5 に 変更してみます。 ダイアログの右側のプレビューでは 変更後の状態がリアルタイムに表示されます。 確認しながら設定の変更を行います。 「引出線の構造」タブでは 引出線を何回折り曲げることができるのかや 参照線の有無、及び その長さなどを設定できます。 今回は規定値のままにしておきます。 「内容」タブの方では 記入する内容の設定を行います。 文字による注記の他 ブロック付けを割り当てる事もできます。 ブロックとは、図面に登録された 複合図形です。 これにより履歴タグなどの 図記号をスタイルとして設定し スタイルを切り替えながら マルチ引出線の記入を行います。 今回は文字列を 記入できるようにしたいので マルチテキストに設定します。 文字スタイルは Standard を選択します。 この Standard が、どの様な 設定なのかを確認したい場合は 右にあるボタンをクリックします。 「文字スタイル管理」 ダイアログが表示され 文字スタイルの内容を 確認することができます。 今回は特に変更はしません。 「キャンセル」で終了します。 では「文字の高さ」を 2.5 にします。 では、これで設定が完了なので OK ボタンをクリックして マルチ引出線スタイルの 作成を終了します。 では、もう1つスタイルを作成します。 新規作成をクリックします。 名前は「バルーン」にします。 「引出線の形式」タブの方を確認して 「記号」それから「サイズ」が 各々「開矢印」 2.5 になっている事を確認します。 「引出線の構造」タブでは 参照線を自動的に含める オプションをオフにします。 「内容」タブでは種類として 「ブロック」を選択します。 そして「使用するブロック」に 「円」を指定します。 「アタッチ」は 「挿入位置」に指定します。 これにより引出線が 常に中心に向くようになります。 では OK をクリックして 設定を終了します。 マルチ引出線スタイルの設定は 図面ファイル内に格納されます。 従って、テンプレートファイルに 予め設定しておいて 利用するのが一般的です。 このレッスンではマルチ引出線スタイルの 設定について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。