AutoCAD LT 2017 基本講座

マルチ引出線オブジェクトの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、引出線の記入と編集について説明します。必要な箇所に注記を付けられるようになります。また引出線の編集についても習得します。引出線の内容や配置位置を修正できるようになります。
講師:
08:18

字幕

このレッスンでは、 引出線の記入と編集について説明します。 必要な個所に 注記を付けられるようになります。 また、引出線の編集についても習得します。 引出線の内容や配置位置を 修正できるようになります。 では、Mleader というファイルを使用して 実際に操作をしてみましょう。 マルチ引出線コマンドにより マルチ引出線を記入できます。 では、右肩の面取り部 こちらの方に 面取り注記を作成してみましょう。 現在の「画層」を確認して 引出線画層に変更します。 「注釈」タブ 「引出線」パネルから 「マルチ引き出し」のスタイルを確認します。 現在、3つのスタイルが設定されています。 この中から「注記」というスタイルを 選択します。 このスタイルというのは、引出線のタイプや 矢印の形、文字の大きさなどを あらかじめ設定しておけるものです。 図面作成開始前に 事前に設定しておくと良いでしょう。 それでは、「注釈」タブ 「引出線」パネルから 「マルチ引出線」ボタンをクリックします。 コマンドを実行したら まずは引出線の矢印の位置を指示します。 今回は Shift キーを押しながら 優先オブジェクトスナップ「中点」 これを使用して、面取りの中点を指示します。 次に、引出参照線の位置を指示します。 今回は、右斜め上 45 度の方向に指示します。 その後、内容記入のために リボンには一時的に 「テキストエディタ」コンテキストタブが 表示されます。 ここは等距離 10 mm の面取りですので C10 と記入をして テキストエディタを終了します。 面取り注記が作成されました。 次に、穴の注記を作成します。 再度、マルチ引出線コマンドを実行するために Enter を押します。 円周上に矢印の引出線を取りたいので ここでは、優先オブジェクトスナップの 「近接点」を使用します。 円周上に点を取ります。 左斜め上方向に 引出参照線の位置を指示します。 内容として 4 × Ø10 と入力しますが Ø のマークは 「テキストエディタ」コンテキストタブの 「シンボル」ドロップリスト こちらの方から「直径」を選びます。 では、次にバルーンを配置してみます。 バルーン用のスタイルが用意されていますので スタイルのドロップリストから 「バルーン」を選択します。 「マルチ引出線」コマンドを実行します。 引出線の矢印の位置は 図形内の上辺の位置に取りたいと思います。 「近接点」を使用して 上辺をクリックします。 参照線の位置は任意の位置をクリックします。 すると、「属性編集」ダイアログが 表示されます。 バルーンに入力する文字を こちらに記入します。 今回は、番号で 1 を入力します。 OK でダイアログボックスを閉じます。 では、もう1つバルーンを作成します。 引出線の位置は こちらの大きい円を取ります。 任意の位置をクリックして 今度は、番号 2 にします。 これら作成された引出線は 複合図形ですので クリップ編集で配置位置などが 簡単に変更できます。 また、記入した文字の内容を 修正したい場合は、ダブルクリックします。 「テキストエディタ」コンテキストタブが 表示されます。 バルーンの番号を変えたい場合は 円をダブルクリックします。 「属性編集」ダイアログボックスが表示されて 修正できます。 プロパティパレットを使用することで スタイルの設定を上書きすることができます。 例えば、注記のスタイルでは 文字列の高さ方向中央に 参照線が位置しています。 では、これを文字列に下線が引かれるように 変更してみましょう。 引出線注記を2つとも選択します。 「表示」 「パレット」パネルから 「オブジェクトプロパティ」を選択します。 スタイルで設定されている項目を 個別に変更したい場合には このプロパティパレット内で 行なうことができます。 「文字」領域の 「左側の接続」「右側の接続」 このそれぞれに対して 「最終行に下線」を選択します。 下線付きの形状に変更されました。 あと、文字の位置が気になる場合は こちらの矢印のグリップを使って 調整ができます。 リボンの「マルチ引出線」パネルには マルチ引出線を編集するために いくつかの機能が備わっています。 「引出線を追加」および 「引出線を除去」 これらコマンドにより 複数の箇所の指示をするための引出線の 追加や除去が行えます。 「引出線」パネルから 「両端揃え」ボタンをクリックすると 引出線位置合わせコマンドを実行できます。 このコマンドを使用すると 複数の引出線を選択したあと 基準となる引出線を選んで 他の引出線と位置を揃えることができます。 「引出線」パネルには 「グループ化」ボタンがあります。 マルチ引出線のグループ化が行われます。 複数のバルーンを選択して Enter をすると それらがまとまった表示に切り替わります。 このレッスンでは、マルチ引出線の 記入と編集について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。