AutoCAD LT 2017 基本講座

尺度設定の概要

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AutoCAD LTでは作図は実寸で行なわれます。このレッスンでは、図面の尺度の考え方について理解を深めます。
講師:
04:48

字幕

AutoCAD LT では 作図は実寸で行います。 このレッスンでは、図面の尺度の 考え方について理解を深めます。 AutoCAD LT では モデル空間において図形を原寸で作成し レイアウトビューポートに尺度を与えて 表示をします。 「レイアウトビューポート」は モデル空間に描かれた図に 縮尺を与えて表示するための 窓の様なものです。 従って、通常の図形要素と 寸法や文字の様な注釈オブジェクトとでは 縮尺を設定するうえで扱いが異なります。 ただし、縮尺に関係のない つまり、常に 1:1 である図面枠や 表題欄などのオブジェクトは レイアウト上に配置を行います。 それでは、AutoCAD LT の 画面に切り替えて 実際の図面データで見てみましょう。 では AboutAnnoScale という 図面ファイルを選択して開きます。 こちらでレイアウトについて 確認していきます。 これはレイアウトです。 同じ図を 1分の1と、2分の1の 2つの尺度で表示しています。 赤い枠はビューポートです。 例えば、左側に表示されている 1分の1のビューポートを 2分の1に変更すると考えてみましょう。 ビューポート内に表示されている図形は 右側のビューポートの様に 小さく表示されます。 しかし、寸法や文字などは ビューポートの尺度が変更された時に 一緒に小さくなっては困ります。 そのままのサイズで表示されるべきです。 これは、相対的に 注釈オブジェクトの実際のサイズが 大きくなることを意味しています。 実際に、ビューポートに与えられている尺度を 変更してみましょう。 左側のビューポートを選択して ステータスバーの 「選択されたビューポートの尺度」を クリックします。 ビューポート尺度リストから 1/2 を選択します。 ビューポート内に表示されている図は 小さくなりますが 寸法は元の大きさのままであることが 確認できます。 つまり、1:1 から 1:2 へ 尺度変更された時に 注釈オブジェクトは逆に、その実際のサイズが 2倍のサイズで表示されないと 適切ではありません。 では、モデル空間に切り替えて 確認をしてみます。 現在は 1:1 で表示されています。 モデル空間は単一の尺度しか持ちません。 ステータスバーの注釈尺度リストから 1:2 を選択すると オブジェクトのサイズはそのまま 寸法のサイズだけが大きくなります。 この様な操作を手動で行うと 注釈オブジェクト個々に サイズを変更する必要が生じます。 また、サイズ変更の度に 面倒な計算も必要になります。 1:1 が 1:2 になるぐらいでは 暗算できるぐらいに簡単ですが 例えば、 1:25 の図面において 文字高を 3.5 mm に設定したい場合 モデル空間では 実際のサイズはいくつになるでしょうか? すぐに答えを出すのは大変です。 この様な面倒な操作を 自動的に解決するために AutoCAD LT には 異尺度対応の設定があります。 先ほどの図面では、寸法に対して この設定がなされていたわけです。 異尺度対応の設定は 文字、寸法、引出線に対して それぞれのスタイルで 設定することができます。 異尺度対応の設定により 記入した注釈のサイズは ステータスバーの注釈尺度によって コントロールされます。 記入を行う前に、適切な尺度を選択します。 あとは注釈の記入を行うだけです。 適切な表示となるように オブジェクトのサイズは自動計算されます。 このレッスンでは、AutoCAD LT での 図面に対する尺度の考え方について 説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。