AutoCAD LT 2017 基本講座

図面尺度の追加

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、図面尺度の追加について説明します。異尺度対応が適用されていない図面に対して尺度を適用できるようになります。
講師:
08:08

字幕

このレッスンでは 図面尺度の追加について説明します。 異尺度対応が適応されていない図面に対して 尺度を適応できるようになります。 では AddScaling という ファイルを開いて 実際に操作をしてみましょう。 開いた図面には、「レイアウト」に 同じ図形が異なる尺度で表示されています。 しかし、これらの寸法は 異尺度対応で記入されたものではありません。 では、「モデル」空間に 表示を切り替えてみましょう。 それぞれの尺度に設定された 寸法スタイルで 尺度ごとに異なる画層に 寸法オブジェクトが作成されています。 では、大きい方の文字の寸法を クリックしてみます。 「画層」の表示が 1_2 に切り替わりました。 これで、この寸法が 1_2 の画層に 入っていることが分かります。 では、小さい方の寸法をクリックしてみます。 1_1 という画層に入っていることが 確認できます。 では、「注釈」タブ 「寸法記入」パネルの 寸法スタイルを確認します。 DIM1 、 DIM2 という 2つの寸法スタイルが設定されています。 では、「寸法記入」パネル ダイアログボックスランチャーをクリックして 「寸法スタイル管理」を表示します。 DIM1 こちらの「修正」をクリックします。 「フィット」タブを見ると 「異尺度対応」にチェックが 入っていないことが分かります。 「レイアウト尺度を適用」という風に なっています。 では、DIM2 の方を確認してみます。 「全体の尺度 2」と設定されています。 2種類の寸法の表示の大きさの違いは これらの設定によるものです。 そして、「レイアウト」空間の各々の図 こちらはビューポート毎に 尺度が違う画層を フリーズして表示されています。 異尺度対応を使わない場合 注釈オブジェクトの尺度コントロールは 細かく設定を行わなければならないため 大変、手間がかかります。 では、この異尺度対応になっていない図面を 効率的に操作が出来るように 異尺度対応に変換していきます。 では再び、「モデル」空間に 表示を切り替えます。 はじめに、片方の尺度の寸法を 削除してしまいましょう。 ここでは、2分の1の尺度の方、 大きい方の寸法を削除します。 そして、残した寸法は 「寸法線」画層へ移動します。 次に、寸法スタイルを 異尺度対応に設定します。 「寸法スタイル管理」ダイアログを 表示します。 2分の1用の寸法スタイルである DIM2 は既に不要になりますので 削除をします。 そして、1分の1用の寸法スタイル DIM1 を修正します。 「フィット」タブを選択して 「異尺度対応」にチェックを入れます。 これで、寸法スタイルは 異尺度対応になりました。 OK で終了します。 しかし、記入されている寸法に カーソルを合わせても 三角スケールのアイコンが 表示されません。 異尺度対応の寸法に設定されている場合は アイコンが表示されるはずです。 実はもう1つ、注釈オブジェクトに対して 更新することも必要です。 現在の尺度に基づいて更新されるので ステータスバーに表示されている尺度が 1分の1であることを確認します。 ANNOUPDATE (異尺度対応オブジェクト更新)コマンドを コマンドラインにキーボード入力して 実行します。 今回の対象は寸法だけですが 文字、引出線に対しても スタイルの異尺度対応の オン / オフに伴う変更を このコマンドで実行します。 注釈オブジェクトだけが コマンドの対象になるので 図面内の全ての図形を all オプションを使用して選びます。 Enter で選択を確定すると 寸法は異尺度対応に 対応している状態になりました。 確認のため、カーソルを合わせてみます。 アイコンが表示されているのが 確認できます。 では、この時点で 「レイアウト」の方を確認してみます。 2分の1の方には 寸法が表示されていません。 寸法が表示されるようにします。 では、「モデル」空間を表示します。 ステータスバーから 尺度を2分の1に変更します。 そして、「注釈尺度」パネルから 「現在の尺度を追加」ボタンを クリックします。 このコマンドも注釈オブジェクトだけが 対象になるので 図面内の全ての図形を all オプションで選択します。 Enter で終了します。 2分の1の表示状態で 直径寸法の配置位置を調整します。 「レイアウト」の方を確認してみます。 寸法が表示されました。 ところで、先ほどから尺度は 頻繁に使用する2分の1などを 使用していますが これは尺度リストにあるので問題ありませんが 例えば、リストに無い 25 分の 1 などの尺度にしたい場合は どうしたら良いでしょうか? その様な場合は、尺度リストを カスタマイズします。 「注釈尺度」パネルから 「尺度リスト」ボタンをクリックします。 「図面尺度を編集」ダイアログで 「追加」ボタンをクリックします。 足りない尺度を追加することができます。 では、 25 分の1 を追加してみましょう。 名前は尺度リスト内で表示される名前です。 1:25 と記入します。 「尺度プロパティ」領域で 尺度を設定します。 左のボックス「用紙単位」が分子 右のボックス「作図単位」が分母 と、考えると分かりやすいです。 では、「用紙単位」は 1 「作図単位」は 25 と記入して OK します。 この「図面尺度を編集」ダイアログでは 不要な尺度を削除したり 「上へ移動」「下へ移動」ボタンを使って 並べ替えを行うこともできます。 では、 1:25 は 適切な場所に移動しましょう。 では、OK で終了します。 確認すると、 1:25 が 追加されているのが分かります。 ここでカスタマイズした内容は 図面ファイルに保存されます。 従って、よく使用する尺度は テンプレートファイルに 設定しておくと良いでしょう。 このレッスンでは 図面尺度の追加について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。