AutoCAD LT 2017 基本講座

ハッチングオブジェクトの編集

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ハッチングの編集について説明します。パターンや尺度、ハッチング領域を変更できるようになります。
講師:
04:38

字幕

このレッスンではハッチングの 編集について説明します。 パターンや尺度、 ハッチング領域を変更できます。 では HatchingEdit というファイルを開いて 実際に操作をしてみましょう。 この図面は上面図に 変更が加えられた後、 正面図はそれに合わせて 修正されていない状態です。 上面図に合わせて正面図を変更し、 ハッチングも編集してみましょう。 このハッチングは自動調整が オンに設定されているハッチングで その場合は領域の変更に 追従して更新されます。 ではスロットの形状のサイズに合わせて 領域を変更します。 スロットを表している 断面内の線分を選択して 中点のグリップを選択します。 オブジェクトスナップトラッキングを うまく利用して、 線分の位置を移動します。 線分の移動にハッチング オブジェクトも追従しました。 スロットの反対側も 同じように修正しましょう。 次に左側の穴の円筒形状に合わせて 断面図を修正します。 トリムコマンドを実行します。 斜めの線分を切り取り オブジェクトとして選択します。 不要な部分をトリムします。 トリミングによって閉じた 領域の形状が変わったため、 ハッチングの自動調整が 破棄されてしまいましたが、 ハッチングとしての編集は可能です。 既存のハッチングオブジェクトを 編集するには、 コマンドを実行する必要はありません。 ハッチングオブジェクトを選択すると、 ハッチングエディターコンテキスト リボンタブが表示されて、 ハッチング作成の時と同じ要領で パターンや尺度を変更することができます。 ここでは境界パネルから 点をクリックボタンを選択して、 新しい領域を再指定します。 既存の領域が邪魔をしているので、 ハッチングの形状は まだ適切ではありません。 除去ボタンを選択して、 既存の領域の一部を除去します。 Enter で終了します。 これで新しい領域に基づいて、 適切なハッチング形状になりました。 さらに自動調整にしたい場合は、 再作成ボタンを使用すると、 領域をポリラインとして 改めて作成して、 関連づけることができます。 ではもう一方の側も 同じように修正します。 オブジェクトプロパティ管理を使用しても、 ハッチングの編集が行えます。 ハッチングを選択して、 表示タブ > パレットパネルから 「オブジェクトプロパティ管理」を 選択します。 プロパティパレットが表示されます。 パターン流域ではパターンの種類や 異尺度対応などの項目があります。 さらにプロパティパレットの ジオメトリ領域では、 ハッチング領域の面積も表示されます。 複数の領域を選択すると、 累積の面積も表示されます。 図面内のある領域の 面積を知りたい場合は、 このようにハッチングを 利用することも一つの方法です。 このレッスンではハッチングの 編集について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。