AutoCAD LT 2017 基本講座

レイアウトとページ設定の作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、レイアウトの作成と、印刷に必要なページ設定について説明します。作成したレイアウトに対して割り当てる用紙が設定できるようになります。
講師:
08:30

字幕

このレッスンでは レイアウトの作成と、 印刷に必要なページ設定 について説明します。 作成したレイアウトに対して 割り当てる用紙が設定できるようになります。 では acadltiso.dwt を テンプレートにして 新しいファイルを作成し、 実際に操作をしてみましょう。 図面を新規作成した場合、 二つのレイアウトが既定で作成されます。 作図領域左下にあるタブを使用して 表示をモデル空間と レイアウト空間に切り替えることが できるようになっています。 レイアウトをアクティブにすると ビューポートが一つ既に設定されています。 これは既定で作成されている ビューポートです。 モデル空間は一つしかありませんが、 レイアウトは必要な数だけ 作成することができます。 レイアウトを作成するには、 レイアウトのタブを右クリックして ショートカットメニューから、 「レイアウトを新規作成」を選択します。 レイアウトのタブはドラッグ&ドロップで 並べ替えることができます。 では一つだけ残して、他のレイアウトは 削除してみましょう。 タブを右クリックして、ショートカット メニューから「削除」を選択します。 レイアウトのタブを ダブルクリックすると、 タブの名前を変更することができます。 このレイアウトは A1 サイズに したいと思いますので、 名前を「A1」と変更します。 レイアウトの用紙サイズの設定は ページセットアップ、 ページ設定管理コマンドを実行します。 このコマンドにより 印刷時の用紙のサイズや 方向などの設定が行えます。 出力タブの印刷パネルから、 ページ設定管理ボタンを選択します。 コマンドを実行すると、 ページ設定管理ダイアログが 表示されます。 新規作成ボタンでは新しいページ設定を 名前を付けて作成できます。 修正を使用すると、既存の ページ設定を修正できます。 どちらの場合もページ設定ダイアログ において内容を設定します。 では A1 サイズのページ 設定を作成しましょう。 「新規作成」をクリックします。 ページ設定名は「A1」とします。 「OK」をクリックすると、ページ設定 ダイアログボックスが現れます。 「プリンタ/プロッタ」領域では、 出力デバイスを選択します。 このリストは PC に 設定されているプリンターによって 内容が異なりますので、ここでは pdf 出力をするための 「AutoCAD PDF (General Documentation)」 これを選択します。 次に用紙サイズリストから 用紙を選択します。 今回は「ISO フルブリード A1」 を選択します。 横置きにしたいので、 841×594 にします。 「印刷対象」は「レイアウト」にします。 このリストからは印刷の 範囲を選択することもできます。 例えば図枠はレイアウトに配置されており、 それを基準にしたい場合に、 オブジェクト範囲を使用することもできます。 「印刷オフセット」は用紙のマージンに対して どの程度ずらすかを設定します。 ダイアログの後ろに表示されている レイアウトを見てみると、 点線で囲まれた領域があります。 この点線部分が印刷のマージンになります。 レイアウトの原点はこのマージンの 左下のコーナーになります。 図枠を配置する際にはこのマージン分の オフセットを設定しておかないと、 用紙に対して図枠がずれることになります。 マージンは出力する機器によって違います。 実際に使用しているプリンターや プロッタに合わせて設定します。 今回は 0 と 0 にしておきます。 「印刷尺度」はレイアウトでは 通常 1:1 です。 この印刷尺度の設定は モデル空間を印刷する際に 実寸で作成したものを用紙に収まるように 縮尺を与えたり、 A1 のレイアウトを A3 の用紙に 印刷したいといった場合に 使用します。 ここでは 1:1 のままにしておきます。 右上には印刷スタイルの ドロップリストがあります。 既定では色従属というタイプの 印刷スタイルが選択できます。 これはオブジェクトの色に対して 印刷の設定がなされたものです。 例えば赤で書いた線分は 0.18mm で出力する、 緑で書いた線は 0.35mm で 出力するといったように 256 色それぞれに 設定がなされたものが 色従属印刷スタイルです。 ではリストから今回は 「monochrome.ctb」 こちらを選択します。 そして右側の編集ボタンをクリックします。 「印刷スタイルテーブルエディター」が 表示されます。 色 1 が選択されていますが、 右側のプロパティ領域に その設定が表示されています。 色 1 は赤ですが、色は黒で 印刷されるという意味になります。 線種や線の太さはオブジェクトの プロパティに準ずる設定です。 バイレイヤーで作成されている オブジェクトであれば 画像の設定に従う ということになります。 例えば画像に線の太さは 割り当てずにこの印刷スタイルで 色に対して線の太さを 割り当てるという使い方もあります。 画像に割り当てる 線の太さは編集できませんが、 印刷スタイルに割り当てる線の太さは 下側の線の太さを編集ボタンで 編集できます。 線の太さを使用しているプリンターや プロッタのクセに合わせて調整したい、 という場合の使い方です。 設定を変更した場合、その設定に 名前を付けて保存して、 新しい印刷スタイルを作ることもできます。 保存される印刷スタイル ファイルの拡張子は ctb です。 さて印刷スタイルについて 確認したところで、 このダイアログは キャンセルして終了します。 では「OK」ボタンをクリックします。 このダイアログが終了します。 再びページ設定管理に戻ります。 A1 というページ設定が作成されました。 ただこのままでは レイアウトにページ設定は、 まだ割り当てられていません。 現在のページ設定は 「なし」となっています。 「現在に設定」ボタンを クリックすることで、 初めて作成したページ設定を現在の レイアウトに適応することができます。 これでページ設定が適応されて、 用紙のサイズが A1 になりました。 既定のビューポートの サイズは変わりませんので 用紙が大きくなったことで 小さくなったように見えます。 作成されてページ設定は 図面ファイルごとに設定されます。 dwt テンプレートファイルに あらかじめ設定しておくと 効率よく正しい設定で 図面ファイルを作ることができます。 このレッスンではレイアウトの作成と 印刷に必要なページ設定 について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。