AutoCAD LT 2017 基本講座

ビューポートの作成と設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、レイアウト ビューポートの作成について説明します。作成した図に表示の尺度を割り当てて図面を自由に構成できます。
講師:
06:37

字幕

このレッスンではレイアウトビューポートの 作成について説明します。 作成した図に表示の尺度を割り当てて 図面を自由に構成できます。 では、Viewport という名前の 図面ファイルを開いて 実際に操作をしてみましょう。 レイアウトは用紙をイメージした空間です。 紙が置かれているにすぎません。 レイアウトビューポートは モデル空間の 図形要素を表示するための窓として レイアウト上に作成します。 現在モデル空間には 建築平面図が表示されています。 これから、この図を レイアウトの A3 の用紙に 1/100 と 1/50 で表示させます。 では、レイアウトに切り替えます。 このレイアウトには既に A3 のページ設定が成されています。 また、図枠がすでに配置されています。 ビューポートはまだありませんので モデル空間の図は まだ何も表示されていません。 現在の画層は既にビューポート用の 画層になっています。 ホームタブ>画層パネルから 「画層プロパティ管理」ボタンをクリックして 「画層プロパティ管理」 パレットを表示します。 後で出力をする時のために 通常はビューポートは 画層を分けて作成され 最終的には非表示にします。 「ビューポート」という 名前の画層を見てみると 現在は、「表示」になっていますが 「印刷」のプロパティを見てみると 印刷が行われない設定になっています。 プリンターに禁止マークが ついたアイコンです。 ではちょっとパネルは畳んでおきます。 「自動的に隠す」ボタンを クリックすると 一時的にパネルを 隠しておくことができます。 バーの未表示が残るので 再度このバーを触ると またパネルの表示が現れます。 レイアウトコンテキストタブの 「レイアウトビューポート」パネルの 「矩形」フライアウトから 「矩形」「ポリゴン」「オブジェクト」の 3つのオプションを 直接実行してレイアウト ビューポートを作成できます。 「矩形」は対角2点の指示により 長方形のビューポートが作成できます。 「ポリゴン」は複数の点を指定して 多角形のビューポートが作成できます。 「オブジェクト」は円やポリラインなど 閉じた図形をビューポートに変換します。 ここでは、「矩形」を選択して 長方形のビューポートを作成します。 作成されたビューポートに モデルが表示されますが 尺度が適切ではありません。 ビューポートに丁度収まるように 表示されているだけです。 ビューポートを選択して ステータスバーの 「ビューポート尺度リスト」から 1/100、 1:100 を選択します。 これで正しい尺度で 表示されるようになりました。 作成されたビューポートは オブジェクトです。 そのサイズや配置位置を変更は コマンドを使用したり グリップ編集で簡単に行うことができます。 では、平面図がちょうど 納まるぐらいの大きさに ビューポートの大きさを調整しましょう。 位置自体を変更したければ 移動コマンドも使うこともできます。 では次に右側に玄関部分の 詳細図を表示するために 1/50 のビューポートを作成します。 「レイアウト」タブの 「レイアウトビューポート」パネルから 再度「矩形」を選択します。 右側に矩形のビューポートを 作成します。 作成したビューポートの尺度を 1/50 に変更します。 玄関部分が表示からずれてしまっています。 ビューポート内のオブジェクトに対して 操作を行いたい場合は ビューポートの内側を ダブルクリックします。 これにより、ビューポートの内側の モデル空間が アクティブになって操作が行えます。 この時に間違ってスクロールボタンを 回してしまった場合 せっかく設定した尺度がずれてしまいます。 この様な場合は 再度ステータスバーから 尺度を設定し直すのが 一番早い方法です。 ビューポート内に玄関が表示出来たら ビューポートの外側をダブルクリックして レイアウトをアクティブにします。 1/50 のビューポートでも 必要に応じてグリップを使用して ビューポートのサイズやその配置位置の 修正などを行っていきましょう。 2つのビューポートの尺度の設定や 表示が出来たら 誤って変更されない様に ロックすることができます。 ビューポート内の表示の変更を ロックするためのボタンが ステータスバーにあります。 2つのビューポートを選択して ステータスバーから 「ロック」、こちらのアイコンを クリックしてオンにします。 これにより、誤ってビューポートの 尺度変更や画面操作を行うことを 防ぐことができます。 このレッスンでは、レイアウトビューポートの 作成について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。