AutoCAD LT 2017 基本講座

図面の印刷

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、図面の印刷について説明します。作成したレイアウト図面を紙に出力できるようになります。
講師:
07:21

字幕

このレッスンでは 図面の印刷について説明します。 作成したレイアウト図面を 紙に出力できるようになります。 それでは Prot_1 という図面ファイルを 開いて、実際に操作を行ってみましょう。 この図面のレイアウトを印刷します。 図面を印刷するには Plot 印刷コマンドを使用します。 「出力」タブ>「印刷」パネルの 「印刷」ボタンをクリックします。 もしくはクイックアクセスツールバーの 「印刷」のアイコン こちらからも実行できます。 コマンドを実行すると表示される 印刷ダイアログは ページ設定ダイアログとほぼ同じですが バックグランド印刷オプションなど このダイアログ固有の オプションも備わっています。 最終的な印刷設定は このダイアログで行うことになります。 では、ダイアログ内の 各部分を見ていきましょう。 左上の「ページ設定」領域の ドロップリストには 規定で現在のモデル空間 またはレイアウトに割り当てられている ページ設定が表示されます。 既存の他のページ設定に 切り替えることもできますし 別の図面からページ設定を 読み込むこともできます。 「プリンタ/プロッタ」領域では 出力デバイスを設定できます。 「プロパティ」ボタンをクリックすると 出力デバイスの設定変更も行えます。 「用紙サイズ」ドロップリストでは 出力デバイスで利用可能な 用紙サイズの一覧から 出力用紙を選択できます。 「印刷」領域では 印刷対象を選択します。 ドロップリストからレイアウト オブジェクト範囲、窓 表示画面のいずれかを選択します。 「印刷オフセット」領域では 印刷の起点を XY 座標値で設定します。 用紙の左下の端を基準にして 規定位置をずらすことができます。 「印刷尺度」の領域では 出力時の尺度を設定します。 モデル空間のみで 作図を行っている場合は ここで縮尺を設定します。 レイアウトを使用している場合は 用紙サイズは ページ設定に基づいていますので 1対1のままで構いません。 「印刷スタイルテーブル」ドロップリスト こちらは印刷に使用する 印刷スタイルを選択できます。 印刷スタイルはオブジェクトがどの様に 出力されるのかを設定するものです。 規定では 256 色のそれぞれに対して 印刷の色や線種 線の太さが設定される色従属の 印刷スタイルを割り当てます。 現在はオブジェクトの色 線種、線の太さで印刷される acadlt.ctb が割り当てられています。 この図面ではページ設定が既に レイアウトに割り当てられているので 特に設定を変えるような 箇所はありません。 では「プレビュー」ボタンをクリックして 印刷プレビューを確認してみます。 この様にプレビューで 印刷前に確認ができます。 確認したら右クリックで終了すると 元の画面に戻ります。 複数の図面レイアウトを印刷する場合は 1枚毎に印刷していては 手間と時間が掛かってしまいます。 「バッチ印刷」コマンドを実行すると 出力の作業を簡単に行えます。 「出力」タブ>「印刷」パネル> 「バッチ印刷」こちらをクリックします。 「マルチシート DWF をパブリッシュ」 というダイアログが表示されます。 「パブリッシュ先」のリストから DWF、PDF といった 出力ファイルの他 ページ設定で指定した プリンターやプロットへの出力を 行うことができます。 ちなみに DWF というファイル形式は Autodesk 社が開発した 閲覧用の図面ファイル形式です。 印刷対象となるシートリストに 現在開いているファイルだけでなく 複数の図面を加えることができます。 では、ここでは他の図面のシートを 印刷する設定を行ってみます。 そして現在選ばれているシートは 今回は印刷しないという事にして 一旦削除をします。 シートリストに表示されている 2つを選択して 「シートを除去」こちらのボタンを クリックして除去します。 次に「シートを追加」ボタンをクリックして 「図面を選択」ダイアログを表示します。 ここでは Plot_2 をクリックします。 選択した図面のモデル空間 及びレイアウト、またはその両方 どれを印刷対象とするのかを 選択します。 今回は「レイアウト」のみとします。 この図面には 複数のレイアウトがあります。 これらのレイアウトを 一度の操作で印刷できるのです。 印刷する図面シートには ページ設定が必要です。 もしページ設定がなされてない場合は 「ページ設定」ドロップリストから 「読み込み」を選択して 他の図面からページ設定を 読み込むことができます。 また「シートを上へ移動」 「下へ移動」ボタンを使用して シートの並び順を 変更することができます。 シートの並び順は印刷の順番になるので 必要に応じて並び替えを行いましょう。 この様にして作成したシートリストは 繰り返し印刷を行うために ファイルとして 保存をしておくことができます。 「シートリストを保存」ボタンを使用して dsd という拡張子の ファイルで保存をします。 また保存されたシートリストを 次に使用する場合には 「シートリストをロード」ボタンを 使用して、読み込むことができます。 「パブリッシュ先」として DWF や PDF を選択すると 「パブリッシュのオプション」 こちらのボタンが表示されて 出力の設定が行えます。 ファイルにどの様なプロパティを 書き出すかなどの詳細設定が行えます。 設定が終わったら「パブリッシュ」ボタンを クリックして出力を開始します。 このレッスンでは 図面の印刷について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。