AutoCAD LT 2017 基本講座

テンプレートの作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、テンプレートの作成について説明します。DWTテンプレートファイルの作成により、作図のたびに同じ設定を繰り返す手間を省くことができます。
講師:
04:59

字幕

このレッスンでは、テンプレートの 作成について説明します。 DWT テンプレートファイルの作成により 作図の度に同じ設定を繰り返す手間を 省くことができます。 では acadltiso.dwt を テンプレートとして 新しいファイルを作成します。 DWT テンプレートを作成する方法は いくつかありますが 何も作成されていない 新規図面に設定を行い DWT 形式で保存するのが 一般的なやり方です。 acadltiso.dwt は画像やスタイルなど 最低限の設定しかない まっさらなテンプレートファイルです。 これを基にした現在の図面は まっさらな状態ということです。 例えば、画層は 0 という画層しか設定されていません。 「注釈」タブのスタイル。 文字スタイル 寸法のスタイル マルチ引出線のスタイル これら全てについても 既定のスタイルしかありません。 ここに画層やスタイルを 準備していくわけです。 ただ、この方法は非常に手間がかかります。 最も簡単で手早い方法は 既存の図面の中から 最も標準的な 設定がなされている図面を使用して それを DWT テンプレートとすることです。 それでは MakeTemplete という ファイルを開いて テンプレートを作成してみましょう。 この図面には、画層や文字、 寸法、マルチ引出線のスタイルの他 レイアウトには ページ設定も既に設定されています。 図面内の図形要素を削除、整理します。 はじめに、モデル空間のオブジェクトを すべて削除してしまいます。 「ホーム」タブ 「修正」パネルの「削除」を選択します。 すべて削除しますので all オプションで完全に削除を行います。 画層がフリーズされていたり ロックされていたりすると オブジェクトは削除できないので 画層の状態も確認しておきます。 この図面では、特に フリーズやロックされた画層はありません。 次に表示を「レイアウト」に切り替えます。 ビューポートを削除します。 図枠は残りますが、 図枠は常に使うものなので残しておきます。 このあとは、もし足りない設定があれば 更に追加していきます。 今回は、この状態で DWT ファイル形式で保存します。 クイックアクセスツールバーから 「名前を付けて保存」を選択します。 ファイルの種類を 「AutoCAD LT 図面テンプレート」に 切り替えます。 切り替えると、テンプレートフォルダが 自動的に表示されます。 このフォルダ内に DWT ファイルを保存しておけば 新規図面作成時に テンプレートファイルとして選択して 利用することができます。 では、ファイル名を テンプレート として 保存をします。 「保存」ボタンをクリックすると 「テンプレートオプション」ダイアログが 表示されます。 テンプレートについての説明や 計測単位の設定が行えます。 また、このダイアログでは 新規画層の通知オプションについても 設定が行えます。 テンプレートに保存された画層以外の画層が 図面に追加設定された場合に ステータスバーからバルーンを 表示させるかどうかの機能です。 新規画像の通知を行うには 「すべての画層を正規画層として保存」の方を 選択します。 今回は、通知は必要ないので 「すべての画層を一時画層として保存」を 選択します。 OK で終了します。 では、今作成したテンプレートを使って 新規図面を作成してみましょう。 「新規作成」でテンプレートを探します。 テンプレートファイルを選択したら 「開く」。 新しい図面作成が開始されます。 既に設定されているスタイルや画層を使って すぐに図面作成を開始できます。 このレッスンでは、 テンプレートの作成について説明しました。

AutoCAD LT 2017 基本講座

このコースではAutoCAD LT 2017の2次元作図機能を中心に解説します。また初めてCADに触れる方でもCADについての体系的な理解が得られるよう構成しています。具体的にはAutoCADの作図に対する考え方からさまざまな作図機能や補助機能、寸法や文字の設定や記入、図面レイアウトの機能や印刷まで、図面作成に最低限必要な内容を学ぶことができます。

5時間29分 (60 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。