Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

モバイルデバイス向け画像編集アプリの特徴

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマートフォンやタブレットなどで効率良く画像の編集や管理作業が進めることができる、Adobeのモバイル デバイス向け画像編集アプリケーションとAdobe Creative Cloudの特徴の解説です。
講師:
03:31

字幕

このレッスンではスマートフォンやタブレット等でより効率よく画像の編集や管理ができるAdobe のモバイルデバイス向け画像編集アプリとAdobe Creative Cloud の特徴について解説をします。Mac やWindows 等のパソコン環境では画像編集アプリケーションといえばPhotoshop やLightroom など Adobe 製品が定番となっています。画像編集の機能も非常に豊富でハイアマチュアからプロユースまで広く利用されています。そのような Adobe 製品は iPhone や iPad Android スマートフォンタブレットなどモバイル環境にもアプリケーションをリリースしています。それも単なるパソコン向けアプリケーションの機能制限版ではなくモバイルデバイスの特性を生かした機能インターフェイスになっています。スマートフォンやタブレットは指やスタイラスペンによるタッチで直感的に操作できる反面画面サイズがパソコンに比べて絶対的に小さいので細かい作業を行う場合は画像の拡大表示をしたり縮小表示をしたり頻繁に繰り返す必要があったりとパソコンでの画像編集作業とは異なった操作が必要です。 また、パソコンと違って画像ファイルの保存容量も小さくなっています。スマートフォンやタブレットの場合は容量の多いものでも 256 GB小さいものでは 8 GB しかなくまた iPhone や iPad ではSD カードに保存ができないため編集画像の保存には非常に気を使う必要があります。この少ない保存容量の解決策としてクラウドサービスが発達しています。通常はインターネットのクラウドサービスに画像を保存しておいて編集や利用する際にのみアクセスすればモバイルデバイスの空き容量を気にしなくても画像編集や保存ができるというわけです。また、クラウドサービスを利用すればどのデバイスからでも目的の画像を自由に取り出して編集作業や管理ができることから非常に使い勝手のいいサービスとなります。このようにモバイルデバイス向けのAdobe アプリケーションはユーザーインターフェイスや機能をモバイルデバイス向けにしているだけではなくAdobe がグラフィック統合環境としてリリースしクラウドサービスなども包括しているAdobe Creative Cloud といったサービスに対応しています。以上 Adobe のモバイルデバイス向け画像編集アプリとAdobe Creative Cloud についての解説でした。

Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

AdobeのモバイルアプリPhotoshop Express、Photoshop Fix、Photoshop Mix、Lightroom mobileなどを使えば、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで写真を開いて本格的なレタッチが可能です。このコースではそれぞれのアプリの特徴を生かした使い方を丁寧に解説します。

3時間28分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年06月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。