Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

Photoshop Expressの概要

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop Expressはモバイルで写真を手軽に素早く補正するためのアプリです。iPad版を使いながら、どのようなことができるアプリなのかを解説します。
講師:
09:59

字幕

このレッスンではAdobe Photoshop Express について主にどのようなことができるアプリなのかをiPad 版を使いながら解説をします。Photoshop Express はその名前の通りにMobile で写真を手軽に素早く補正したい場合に便利なアプリです。Photoshop Express は一言で言うと写真の見た目をガラリと変化させたり色や明るさを細かく調整したり写真の傾きを直したり不要なものをサッと消したりなど写真の気になる部分を修正して外観を簡単に変化させることができるアプリです。早速 Photoshop Express で写真を開いてみましょう。ここでは Adobe Id でサインインをしてAdobe Creative Cloud から写真を開いていきます。Photoshop Express ではどの様な画像のファイル形式が開けるかというと一般的な画像ファイル形式の jpg や png の他にも一部 RAW ファイルにも対応しています。例えば、この画像は画面の上のファイル名の拡張子からRAW ファイルの dng 形式ですが開くをタップして開くことができます。但し、RAW ファイルは容量が大きい為通信速度などによって開くまでに時間が掛かることがあります。 開いた時の画面の合成は上から大きく4つのエリアに分かれています。それぞれにツールが並んでいます。一番上の場合には、主に写真全般の操作のツールが並んでいます。一番左の「閉じる」をタップすると写真の選択画面に戻ります。右側に移動すると薄く表示されているのですが左側を向いた矢印と右側を向いた矢印があります。左側の矢印はタップするごとに1つ前の状態に戻すことができます。右向きの矢印は1つ先に進むアイコンです。その右側のキラキラしているスティックは自動拡張、つまり自動補正ツールです。とにかく最短で写真の明るさや色を補正したい時にはここをタップするだけで、自動的に写真の色や明るさを解析して適した見た目の調整をしてくれます。但し、写真によっては思うような結果にならないこともありますので更にもっと見栄えを良くしたいという時には下のツールで手動で色や明るさの量を加減します。自動拡張の右側のアイコンはタップをすると補正をする前の写真に一時的に切り替わります。もう一度タップをすると現在の状態に戻ります。調整前、調整後の比較をしたい時にタップをして切り替えます。右から2番目のアイコンはタップをするとインストールしている他の関連するアプリに切り替えることができます。 Express を終了しなくても合成アプリの Photoshop Mix やレタッチアプリの Fix の一部のツールに切り替えられので覚えておくと便利です。一番右側は保存や共有をする為のアイコンです。タップをすると、現在のデバイスに保存するかどうかやFacebook や Instagram などで使用する場合は、タップをして一旦別の画像ファイルとして書き出して共有ができます。写真の編集が終わった時点で選択をします。ここでは「キャンセル」をタップして元に戻します。2本指でピンチアウトで任意のサイズに拡大表示しピンチインでフレキシブルに縮小します。その下には LOOKS と呼ばれるタップをするだけで見た目が変化する一般的にフィルターと呼ばれる効果が幾種類も用意されています。一番左上の LOOKS は初期設定の効果で左下の標準は何も効果が掛かっていない状態です。右側の「鮮やか」をタップすると鮮やかさが増す効果が適用されてその右側の「秋」をタップすると渋い色のフィルターが掛かり縁が淡く暗くなります。「LOOKS」を選ぶと写真の下にスライダーが表示されます。中央にマーカーが設定されているので左にドラッグすると効果が弱まり元の写真に近くなり右にドラッグすると効果が増します。 他にも「反転」といった色調を反転させた効果やモノクロ効果にも「シルバー」や「白黒」など複数あります。「ビビット」で色調を強調したり「メモリー」で色を淡くしたり雰囲気に合わせて選びます。更に「プレミアム LOOK」 に切り替えると20 種類もの効果を使用することができます。これはオプションでレット購入または、Creative Cloud にサインインする事で使用ができます。「マイ LOOK」では自分で LOOKS を微調整したり補正した結果をプリセットとして追加しておくことができます。「切抜き」では、傾いた写真の角度補正をしたり左右の反転や上下の反転ができます。予め用意されている縦横比を選択して例えば「四角形」を選ぶと縦横比が1対1の正方形で切り抜けますし枠をドラッグすると切り抜く領域を縦横比を保ちながら、拡大、縮小します。「制約なし」を選ぶと、縦横比に関係なく自由に切り抜く範囲を調整できます。右側の「補正」では、基本的な写真の明るさと色の調整を手動で細かく行います。この中で「ノイズを低減」と「曇り取り」は有料の拡張パックを購入または Creative Cloud にサインインすると使えるようになります。 ここで画像を切り替えます。「赤目補正」では、暗い所でフラッシュを使って人物を撮影すると瞳が赤くなる現象を補正します。またペットも同様に瞳が明るくなったり色味を帯びてしまったような場合に補正をします。基本的には自動で検出して補正をしますが、検出できない時には手動で直接瞳をタップして赤目を補正します。また画像を切り替えます。写真の消したいちょっとしたゴミやシミなどを目立たなく消していきます。ここではこの小さい汚れを消したいので一番右側にある「シミ除去」をタップします。この状態で消したい小さいシミの部分をタップすると自動的に消すことができました。シミ除去の左側にある「境界線」では写真の縁を飾る様々な効果が「基本」「エッジ」「フレーム」に分かれて収納されています。この様に Photoshop Express では写真の明るさや色、構図、ゴミやシミ除去や写真に様々なフィルターを掛けるなど簡単に素早く編集することができるアプリです。Photoshop Express で編集した写真をSMS やウェブで活用しましょう。以上、Photoshop Express の概要でした。

Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

AdobeのモバイルアプリPhotoshop Express、Photoshop Fix、Photoshop Mix、Lightroom mobileなどを使えば、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで写真を開いて本格的なレタッチが可能です。このコースではそれぞれのアプリの特徴を生かした使い方を丁寧に解説します。

3時間28分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年06月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。