Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

階調の強調とソフト化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop Expressで写真簡単にを堅い印象にしたり、ソフトなイメージにする方法を解説します。同じ写真でも硬調、軟調で印象を大きく変えることができます。
講師:
04:59

字幕

このレッスンではPhotoshop Express で写真を硬い印象にしたりソフトなイメージにする方法を解説します。写真を手軽に硬調、硬いイメージにしたり軟調、つまりソフトな印象に見せる編集の方法として明瞭度を使った調整があります。明瞭度は「補正」の一番左側にあるツールです。スライダーを右にドラッグするとコントラストが高まり左にドラッグするとソフトな印象になります。一般的なコントラストと似ているように思いますがコントラストは写真全体の明るさと暗さの強弱を強めたり弱めたりするのに対して明瞭度は写真を構成する色の暗い部分、明るい部分またその中間の明るさの部分というように明るさの諧調ごとにコントラストを高めたり弱めたりするのでより硬いイメージにしたり輪郭が薄くぼけたようなソフトなイメージに変化させるという特徴があります。極端に硬調にする場合は明瞭度のスライダーを右にドラッグします。ここでは、右にいっぱいの 100 に設定するとこれだけでかなりインパクトが強くなります。更にコントラストを高めて50 に設定しますと補正前と補正後を比べるとこのように硬い印象になりました。更にハイライトも右にドラッグして50 に設定して明るい部分を強調してシャドウを左にドラッグして暗い部分が黒くつぶれない程度に調整します。 ここでは、 -30 に設定しました。シャープの量を強めるとより輪郭がくっきりとして硬い印象に仕上がります。色が粗くならない程度にここでは50 に設定しました。ダブルタップで全体表示に戻して調整前と調整後で比べてみます。かなり硬いイメージになりました。今度は逆にソフトなイメージにしてみましょう。左向きの矢印の取り消しアイコンを数回タップして最初に開いた状態に戻します。明瞭度のスライダーを左にドラッグするだけでもかなりソフトになります。-50 に設定をします。ハイライトを右にいっぱいにドラッグしてシャドウも右にドラッグして80 に高めて明るくしたうえで明るさと暗さのバランスを取りながらコントラストを右にドラッグして少し高めて30 に設定します。後は好みで自然な彩度を右にドラッグして30 に設定して鮮やかさを加えます。ここでもう一度明瞭度をタップしてさらに -80 まで下げることによってメルヘンチックなイメージになりました。補正前と補正後で比べてみます。このように元は同じ写真でも硬調、軟調で印象を大きく変えることができます。以上 Photoshop Express で写真を簡単に硬い印象したりソフトなイメージにする方法でした。

Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

AdobeのモバイルアプリPhotoshop Express、Photoshop Fix、Photoshop Mix、Lightroom mobileなどを使えば、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで写真を開いて本格的なレタッチが可能です。このコースではそれぞれのアプリの特徴を生かした使い方を丁寧に解説します。

3時間28分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年06月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。