Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

Expressによる明るさとコントラストの調整

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop Express、明るさやコントラストを細かく調整する方法を解説します。極端なまぶしさや暗い部分の黒つぶれをを押さえつつ、コントラストや鮮やかさが自然に見えるように、修正していきます。
講師:
04:19

字幕

このレッスンではPhotoshop Express の補正で明るさやコントラストを細かく調整する方法を解説します。この写真の極端なまぶしさや暗い部分の黒つぶれを抑えつつコントラストや鮮やかさが自然に見えるように修正していきます。Photoshop Express には自動で明るさやコントラストを調整するツールがあります。一番上の右から4番目のキラキラしているスティックの自動拡張のアイコンをタップするか一度元に戻して補正の「露光量」等をタップして、開いて「自動」をタップして有効にすることで写真の明るさ、暗さを自動的に調整します。但し、この写真のようにもう少し明るさや色を調整したい場合もあります。その様な時には「自動」をタップして解除して手動で明るさとコントラストを調整していきます。「露光量」のマーカーは中央に配置されていて右にドラッグすると写真全体が明るくなり左にドラッグすると暗くなります。ここでは右にドラッグして全体を少し明るくします。20程度に設定しておきます。目安はグレーの中間の明るさ部分ここでは建物の壁が明るすぎず、暗すぎずといった所でおおよそで良いので設定をしておきます。全体を明るくすると当然まぶしさも強まりますから白とびをしないように抑えます。 「ハイライト」に切り替えてスライダーを左にドラッグすることで写真の明るい部分のみを暗くします。ここでは一番左側までドラッグさせて太陽の周りの明るい範囲を狭めます。「シャドウ」は暗い部分のみ明暗を調整します。右にドラッグしていくと銅像の暗い部分の詳細が見えてきます。全体がグレーにならない程度にここでは68 に設定しました。明るい部分を暗く暗い部分を明るくするということは明暗の差が少なくなりますのでともすると、平坦な印象になります。そこで、コントラストを高めてメリハリを加えます。極端にまぶしくなったり暗くならないように、ここでは30に高めました。この状態で一度補正前と補正後の切り替えアイコンをタップして比較してみましょう。暗い部分が明るくなって詳細が見えるようになり更に明るい部分の範囲を最小限に抑えています。ただ、明るくしたことで空の色が少し薄くなった印象です。そこで仕上げに「自然な彩度」に切り替えて空の青を強調します。窓の色などが荒くならない程度に高めてここでは40にして完成です。補正前と補正後で白とび、黒つぶれを起こさないように全体を明るく鮮やかにすることができました。以上、Photoshop Express で明るさやコントラストを細かく調整する方法でした。

Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

AdobeのモバイルアプリPhotoshop Express、Photoshop Fix、Photoshop Mix、Lightroom mobileなどを使えば、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで写真を開いて本格的なレタッチが可能です。このコースではそれぞれのアプリの特徴を生かした使い方を丁寧に解説します。

3時間28分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年06月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。