Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

ホワイトバランス調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop Expressで、本来のものとは異なる色味に撮影されてしまった写真を自動や手動でホワイトバランス補正する方法を解説します。
講師:
03:51

字幕

このレッスンでは Photoshop Express で本来のものとは異なる色味に撮影されてしまった写真を補正する方法を解説します。デジタルカメラやスマホのカメラで撮影する時には通常はホワイトバランスという環境の光によって生じる色の傾きを補正して撮影する機能が働きます。ところが時として思いもしないような色味に撮影されてしまう場合もあります。この車窓から撮影した風景写真は窓ガラスを介しているために青味がかっています。この青味を Photoshop Express の補正ツールで本来の色味に近づけていきます。Photoshop Express には明るさやコントラストだけでなくホワイトバランスについても軌道修正の機能があります。補正をタップして開きます。補正で色の傾向を調整するには「色温度」と「色合い」を使います。ここでは「色温度」を開いてみます。ここに「自動」という項目があるのでタップをして有効にすることで写真の色の傾向を分析して自動補正します。但し、この写真の様に自動補正だけでは思ったような色味にならないこともありますので、手動で調整を加えます。ここで、スライダーを右にドラッグすると温かみのある色の傾向が強まります。 逆に左にドラッグすると寒色系の青味が強まります。ここでは、青味を解消したいので右側にドラッグをして暖色系を強めます。ここでは 27 に設定をします。まだ緑色の傾向が残っているので「色合い」に切り替えます。スライダーを左にドラッグすると緑色の傾向が強まり右にドラッグするとマゼンタ系の色味が強まります。ここでは、右の方にドラッグをして55 に設定をしてマゼンタを強めることで緑の傾向を解消します。これで色味の傾向はほぼ解消しましたがもう少し写真を明るくしたいという時には「露光量」に切り替えてスライダーを右にドラッグします。ここでは 15 に設定をしています。更に「コントラスト」も強めてはっきり見せたい時にはスライダーを右にドラッグします。ここでは 44 に設定をします。明るさやコントラストを調整することでまた色味の傾向が強まったり弱まったりしますのでその都度、色温度や色合いも微調整します。また、写真の場所、時間、季節などに合った色味になるように調整すると良いでしょう。最後に補正前と補正後を切り替えるアイコンをタップして比較するとこの様に色味と明るさ、コントラストが修正できました。以上、本来のものとは異なる色味に撮影されてしまった写真を補正する方法でした。

Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

AdobeのモバイルアプリPhotoshop Express、Photoshop Fix、Photoshop Mix、Lightroom mobileなどを使えば、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで写真を開いて本格的なレタッチが可能です。このコースではそれぞれのアプリの特徴を生かした使い方を丁寧に解説します。

3時間28分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年06月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。