Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

ゆがみ補正ツールの調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop Fixのゆがみツールを使って、写真の被写体を部分的に変形して、見た目を変化させたり元に戻したりする方法を解説します。
講師:
05:12

字幕

このレッスンでは、Photoshop Fix の歪みツールを使って写真の被写体を部分的に変形して見た目を変化させたり元の状態に戻したりする方法を解説します。Photoshop Fix でカプチーノの写真を開いています。Photoshop Fix の特徴的なツールの一つが「歪み」です。「歪み」をタップします。ここでは下にある「ワープ」「膨らみ」「渦巻き」「再構築」のツールを使ってこのコーヒーを自由に変形していきます。「ワープ」を選択します。「ワープ」は写真の一部分をひっぱったり押し込んだりして変形させるツールです。歪んでいる部分を修正したり逆に歪ませたりします。画面をタップすると、白い円形の枠が表示されます。枠の内側が歪ませる範囲になります。左側にブラシのサイズを調整するアイコンがあるのでここを長押しします。画面に数字が表示されます。指を押し続けながら上にドラッグするとブラシの範囲が広がり数字が大きくなり、下にドラッグするとブラシが狭まって数値が小さくなります。ここでは円形がカップの縁よりも少し小さめの14 に設定をしています。一度指を離してから、カップの縁の左上の外側から内側に向かってドラッグします。 さらにあと2回ドラッグします。するとカップが内側にへこみました。次にカップの縁を元の形にします。「再構築」に切り替えます。「再構築」はブラシでドラッグした範囲を元の状態に戻そうとするツールです。ブラシのサイズを 17 に設定してカップの縁の外側をドラッグし続けていくとこのようにカップの中身はそのままでカップの形だけを元の円形に戻すことができました。画面の上の右から3番目の左向きの矢印アイコンを数回タップして元の状態に戻します。「膨らみ」はブラシの範囲で中央から外側に膨張させるツールです。「膨らみ」をタップします。ブラシのサイズをここでは 30 に設定をしてブラシの中央のプラス印からカップの中央をタップします。外側に向けてドラッグをしていくとカプチーノが膨らんでいきます。続けてドラッグしていくとあふれんばかりに膨らみます。今度は枠の外側から内側に向けてドラッグをし続けるとカプチーノがすぼんでいきます。再度元の状態に戻して今度は渦巻きに切り替えます。ブラシのサイズを 20 に設定してカプチーノの中央をタップして円形の内側を時計回りにぐるぐるとドラッグしていくとカプチーノが渦巻き状になります。 逆に反時計回りにドラッグしていくと逆巻きにすることができます。「再構築」でカプチーノの縁の部分をドラッグして修正していきます。画面の上の左側のアイコンを長押しすると修正前の状態を一時的に表示します。指を離すと、補正後の状態に戻ります。このように歪みを使って形を指でこするように自由に変形することができます。以上、写真を部分的に変形して見た目を変化させる方法でした。

Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

AdobeのモバイルアプリPhotoshop Express、Photoshop Fix、Photoshop Mix、Lightroom mobileなどを使えば、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで写真を開いて本格的なレタッチが可能です。このコースではそれぞれのアプリの特徴を生かした使い方を丁寧に解説します。

3時間28分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年06月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。