Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

不要なものを消す・ものの数を増やす

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshop Fixの修復ツールを使って、写真の不要な部分を消したり、また、写真の中のものを増やす方法を解説します。
講師:
04:57

字幕

このレッスンではPhotoshop Fix で写真の不要な部分を消したりまた写真の中の物を増やす方法を解説します。Photoshop Fix は写真の不要な部分を目立たなく消すための修復ツールが優れています。まずこの写真の不要な部分を消していきます。写真の左下に写り込んだ足を消します。「修復」をタップして開きます。「スポット修復」が選択されている状態でブラシのサイズを調整します。サイズのアイコンを押しながら上下にドラッグしてブラシのサイズを調整します。ここでは足のサイズに合わせて30 に設定します。硬さもドラッグしてここでは 30 に合わせます。この状態で足の部分をドラッグして半透明の赤い色で塗り重ねて指を放すと写真の一部分をコピーして塗り重ねることで足を消します。ただ一度の塗りできれいに消すことができない場合はパッチツールに切り替えて周囲の何もないところにドラッグをして消します。道路の落書きも消していきます。ピンチアウトをして拡大表示をして落書きをドラッグして指を放します。消すことができました。更に拡大表示をしてR の文字に張り付いているテープのようなものを消します。ドラッグして指を放すとこの様に消すことができました。 N の欠けた部分をドラッグして欠けた部分を埋めます。この様に不要な部分をスポット修復ツールで自動的に消してみて上手く消せない場合はパッチツールで適した部分にドラッグして修正します。次に写真のものを使って数を増やす方法です。この写真の白い花を増やしていきます。「修復」をタップして開いて「コピースタンプツール」を選びます。増やしたいものの大きさに合わせてブラシを調整します。ここではブラシのサイズを 40 に硬さを 最少の 0 にしてブラシの周りをソフトにぼかします。増やしたいものをタップしてソースつまり、コピー元に設定します。ここでは、中央の花の中心をタップします。すると白い円形の枠が表示されます。ここがソースに指定した起点になります。この花を増やしたい部分をドラッグすると花の中心から徐々に全体が描き出されていきます。描き重ねた部分の領域を確認するには「硬さ」の下のアイコンをタップします。赤い半透明に塗られた部分にソースの花の部分が描き重ねられています。もう一度アイコンをタップすると表示が消えます。他の部分にも同様に描き重ねて数を増やします。左下の花をタップして、ソースを変更して他の場所をドラッグして数を増やします。 塗りが重なってしまった場合は「復元」をタップして重なった部分をドラッグすると元の花が見えてきます。他の花の周りもソフトな復元ブラシでなぞって周りと馴染ませて自然に見せます。以上 Photoshop Fix で不要なものを自然に消したり写真の中の物をコピーして塗り重ねて数を増やす方法でした。

Adobeの写真編集モバイルアプリ活用術

AdobeのモバイルアプリPhotoshop Express、Photoshop Fix、Photoshop Mix、Lightroom mobileなどを使えば、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで写真を開いて本格的なレタッチが可能です。このコースではそれぞれのアプリの特徴を生かした使い方を丁寧に解説します。

3時間28分 (37 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
価格: 2,990
発売日:2016年06月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。