Muse (2015) 基本講座

テキストボックスの作成と入力

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ページ上にテキストボックスを作成し、あらかじめ入力しておいたテキストファイルからのコピー&ペーストでテキストの入力を行います。
講師:
07:46

字幕

このレッスンではテキストの入力を行います。それでは、Home を開いてグラフィックの配置の終わっている状態に対して今度はテキストを入力していきましょう。テキストなんですが、ゼロから Muse で打ち込んでもいいんですが今回は、このような 04_01.rtf というファイルの中に原稿を用意しています。英文であるし、長文なので原稿を用意してありますが日本語でも同じですね。テキストは、Muse で直に打つよりも予めテキストエディタなんかで打っておいてそれをコピーペーストする方が大分効率よく作業が行えます。今回はこの用意してあるテキストを使いましょう。では、Muse でテキストを打つときですがまず、これですね、「横書き文字ツール」これを選びます。そしたら、まずはこの画像の上に文字を配置してみましょう。では、このグリッドのあたりここらへんからドラッグしていってボックスができてきます。ではこっち側の所までこんな感じでエリアを作って放してやると文字の入力状態になりました。そしたら、この原稿ですね、これの一行目We are passionate about great apps design という文章を選んでMac の方は CommandWindows の方はCtrl+C を押します。 コピーされたので Muse に戻ってCommand もしくはCtrl+V を押すとペーストされました。そしたら、テキストの調整を行いましょう。「テキスト」という文字のところをクリックするとオプションが出てきます。まず「真ん中揃え」に直しましょう。そしたら、これらの文字ですねドラッグすると選べます。フォントのサイズですね。ここを選んだりとかまたは、この上下の三角のクリックで拡大できるのでちょっと大きくしておきましょう。こんな感じで入力が終わったら選択ツールに持ちかえると文字の入力が行えました。そしたら、さらに続けて下のほうにも打っていきましょう。では、またテキストのツールで今度はこのエリアですねこれをドラッグして横いっぱいにこの四角を作ってやります。そしたら、今度は2行目ですね。これをコピーして同じくこちらにペーストしてそして真ん中に揃えます。そしたら、続けてこちらにも同じようなのを作るんですが一回一回このボックスを作るのもめんどくさいのでこれができた時点で選択ツールにします。そして、Mac の方は OptionWindows の方はAlt キーを押しながらこの前に作ったテキストこれをドラッグするとこのように複製できるのでこんな感じで簡単に持ってきてしまいましょう。 そしたら、3行目をコピーしてここをダブルクリックすると再び入力状態にできるのでこちらにペーストしてやれば中身を変えられます。では、また同じく Optionまたは Alt を押しながらドラッグしてきてこっちに配置したら4行目ですねこれをコピーしてペーストすると。繰り返してやると非常に効率的に入力が行えます。では、次にAbout Us のページですねこっちに移動しましょう。そしたら、今度はここの説明文、長文ですね。これをまとめて選んでコピーしておきます。そして、またテキスト今度は、上からちょっと空けてこの辺にしましょう。ドラッグしてエリアを作ってここに対してペーストしてやるとこんな感じで文章が入りました。では、次は4人のメンバーがいますがそれぞれのプロフィールがこっちの下の方に載っています。この4人分のプロフィールですねこれをやっぱりコピーペーストで持ってきましょう。まずアンディさん、この方ですね。アンディさんのプロフィールをまとめてコピーしてそしたら、この写真の横のところに写真と同じぐらいの高さから始めてボックスを作ります。サイズの修正が必要なときには選択ツールを使ってこの様に直すことができます。 そしたらこのボックスですねダブルクリックする事で入力に入れるのでまた、ペーストします。1個出来たらまた同じく Option または Alt キーを押しながらドラッグして次の所に合わせます。では次ですねこの方はちょっと順番が違いますけどこのマギーさんですねこの人のやつを選んでダブルクリックして入力状態に入ってペースト。そして、また選択ツールを持ってOption またはAlt キーを押しながらドラッグ。この繰り返しですね。こういうものをこういう割と単純作業に落とし込んだ方が効率よくスピーディに行えます。じゃ、ティナさんですね。この人のこれをコピーしてまた同じくペースト。そしてこれもコピーして下の方に持っていきます。スクロールは止まった場合は手動でこちらを動かしてまた合わせて最後はこの人がジェイソンさんですねこれをコピーしてこちらにペーストと。こうしてやると皆さんのプロフィールがこのように簡単に入りました。この様にしてテキストのボックス一個作ったら全く同じですね。(同じ)形で作れるやつはなるべくコピーしてそしてテキスト内容もコピーペーストでどんどん貼っていくと効率的に作業が行えます。この方法ぜひとも覚えておいてください。

Muse (2015) 基本講座

WebデザインソフトMuseを使うと、HTMLのコードを使わずにデザイン性に溢れるWebページを簡単に作ることが可能です。このコースではマスターページの作成やコンテンツの追加、テキストの追加や色の設定、ウィジェットや拡張機能の活用、レスポンシブなレイアウトの設定やデータをアップロードしてウェブ上に公開する手順などMuseの操作をひと通り学ぶことができます。

4時間01分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。