Muse (2015) 基本講座

FTPにアップロードして公開

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Museで作成したWebサイトのデータを、契約しているサービスのサーバ上にFTPでアップロードし、実際にサイトを公開するための手順について解説します。
講師:
05:26

字幕

このレッスンでは完成した Web サイトを実際にアップロードして公開するまでの手順を解説します。それでは Muse 上の作業すべて終わってWeb サイトが完成しました。各ページの内容もちゃんと入っていますしこうしたフォーム類等も動作するようになっています。ではこれを実際にサーバーの方にアップロードして Web サイトとして誰でもがアクセスできる状態にしてみましょう。その設定を行うのが「ファイル」メニューの「FTP ホストにアップロード」という部分になります。ではこれを実行してみましょう。そうすると、まず「FTP サーバーに接続」という項目がでてきます。Muse から Web サイトのサーバーにデータをアップロードする時はFTP という仕組みが使われます。ここにその FTP のアクセスの情報を入れてあげます。ここの情報なんですが、これは契約しているホスティングのサービスつまり Web サイトを公開するためにレンタルするサーバーですね。そのサービスによって情報が異なります。この中身は契約している会社から適用された情報を入れることになるのでそちらをよく確認して下さい。それではテスト用のデータを入れましょう。 まず FTP サーバー名ですね。これを入れてそしてアクセスのための「ユーザー名」「ユーザー名」を入力して最後にパスワードを入力します。そしてここに「認証情報を保存」と出ていますがこれはチェックしておくと次回からこの細かい内容を入れなくてもアップロードが行えるというものです。但し、複数の人が触れるような状態のパソコンに保存したままになっていると、誰でも Web サイトの内容を変えられてしまうのであまりセキュリティ的に良くない状況となります。なのでその点に注意してこれを使う、使わないかを決めて下さい。ではこれらの情報が入ったら「次へ」をクリックします。この認証に関する情報とか表示されたらこれはもう「はい」をクリックして大丈夫です。そうしたら次にサイト URLというのが表示されます。ここが最終的に公開されるホームページのアドレスになります。これがどういう内容になるかも契約してるサービスによって微妙に違うこともありますが大体はドメイン名ともしフォルダーの中に入れた場合にはドメイン名の次にフォルダー名が入るとこの様な記述になることが多くなってます。次に「サーバー上のフォルダー」という所ですがそれではここにはフォルダー名としてtest3 と入れます。 そしたら、次の項目ですがアップロードする時「すべてのファイル」を変更するのかそれとも変更されたファイルだけを効率よくアップロードするかそこを選択します。それで OK をクリックするとアップロードが開始されます。今、各ページの HTML であるとかまた加工された画像などが生成されてネット経由で書き出しが行われています。これは、この速度はどれぐらいページの数があるか画像の数があるかによって変わってきます。書き出しが行われて全部アップロードが終わった時点でWeb サイトの方、見れるような状態になります。ではあと少しで完了します。そして、アップロードが完了して設定した URL を見るとこの様にサイトが閲覧可能な状態となっています。アップロードが完了したらそれぞれのページをすべて確認してちゃんと崩れてる箇所がないか素材が入ってるかをチェックして下さい。このチェックなんですが例えば今は Chrome を使っていますが例えば他に Fire Fox であるとかSafari であるとかInternet Explore とか他のブラウザーを使ってみたりまたそれらを Mac と Windows 両方で見てみたりまた iPhone やアンドロイドのスマートフォンや iPad 等のタブレットで見てみたり、幾つかの環境でチェックするのをお薦めします。 特にレスポンシブのデザインにしてる時にはデバイスによって見た目が変わっていきますのでどのデバイスから見ても大きな崩れがないかそういった点もチェックして下さい。この様に Muse で作成した Web サイトは簡単に FTO 経由でアップロードして公開することが可能です。

Muse (2015) 基本講座

WebデザインソフトMuseを使うと、HTMLのコードを使わずにデザイン性に溢れるWebページを簡単に作ることが可能です。このコースではマスターページの作成やコンテンツの追加、テキストの追加や色の設定、ウィジェットや拡張機能の活用、レスポンシブなレイアウトの設定やデータをアップロードしてウェブ上に公開する手順などMuseの操作をひと通り学ぶことができます。

4時間01分 (39 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年07月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。