Lightroom CC/6の新機能

切り抜きを極力抑えたパノラマ結合

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の写真を結合して広がりのある風景を表現するパノラマの作成において付加されてしまう余白をできるだけ抑えながら、写真のふちを自然に引き延ばして仕上げる方法を解説します。
講師:
5:40

字幕

このレッスンでは、複数の写真を結合して広がりのある風景を表現するパノラマの作成において付加されてしまう余白をできるだけ抑えながら写真の縁を自然に引き延ばして仕上げる方法を解説します。ここに6枚の左から右にすこしずつ移動させながら撮影した写真があります。この連続した写真をパノラマ合成するにはshift キーを押しながら6枚の写真を選択します。途中に他の写真が混じっている場合はMac では Command キーをWindows では Ctrl キーを押しながらクリックして選択します。パノラマ合成をする前にこれらの写真のレンズのプロファイルによる補正を適応しておきます。現像モジュールに切り替えて自動同期をオンにしてからレンズ補正パネルを開いて「基本のプロファイル補正を使用」にチェックを入れます。選択した状態でサムネイル上で右クリックをして「写真を結合」から「パノラマ」を選びます。パノラマ合成プレビュー画面が開きます。パノラマオプションで投影法を選択しますが通常は投影法を自動選択にチェックを入れておくと適した投影法でパノラマ合成のプレビューを作成します。思っていたイメージと異なる場合は他の投影法も試してみると良いでしょう。 多くの場合は球面法で合成されます。自動切り抜きにチェックが入っている場合は一旦このチェックを外してみましょう。すると、パノラマにすることで個々の写真が綺麗に重なるように引き延ばして結合されるためこのように写真の周りに不要な余白が見られます。これまでは、このようにできあがったパノラマの内側をトリミングするため外側にはみ出した部分は切り落とされて無駄になっていました。また、自動切り抜きにチェックを入れると構図も多少調整されますが余分に切り落とされます。ここで、自動切り抜きのチェックを外して新機能の境界線ワープのスライダーを右側にドラッグしていくと写真の縁が無駄なく自然に引き延ばされて余白が無くなります。自動切り抜きよりもより広い範囲を表現することができます。結合をクリックするとパノラマ結合が確定して新たなイメージとしてライブラリに追加されます。追加されたイメージは元の画像が保存されているフォルダにファイルの末尾に PanoPano とついた dng 形式で保存されています。更に、現像モジュールではこのパノラマのdng 画像に通常の写真と同じように細かい調整を加えることで作品として仕上げます。 露光量を高めて 0.9 にコントラストも高めてここでは、23 にハイライトは少し低めにして −17シャドウは少し高めて+15 に白レベルは少し下げて −17 に黒レベルはグッと高めて+62 に明瞭度も高めるとコントラストがくっきり映えてくるのでここでは、28 に設定して自然な彩度も高めて鮮やかさを強調します。必要に応じてディテールでシャープの数値を高めたりノイズを軽減します。F キーを押して全体表示に切り替えて詳細まで綺麗に違和感なく都合されているかどうかを確認します。以上パノラマの作成において付加されてしまう余白をできるだけ抑えながら写真の縁も自然に引き延ばして仕上げる方法でした。

Lightroom CC/6の新機能

バージョンアップしたLightroom CCと6にはさまざまな新機能や強化機能が搭載されました。ライブラリモジュールには顔検出が新たに搭載され、現像モジュールではより細かく効果を調整できるようになりました。またHDRやパノラマ合成が可能になり、Web公開サービスとの連携も強化されました。このコースではこれらの新機能や種機能強化について解説します。

1時間50分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年07月10日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。