Photoshop 合成ワークショップ:夕暮れのランナー

背景の作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の空の部分にマスクを作成し、他の写真の雲を合成した上で、「変形>ワープ」で歪み感を調整します。
講師:
07:57

字幕

このレッスンでは2枚の画像を合成して1枚の背景を作成します。今この2枚開かれている写真を1つに合成して背景にします。まずこちらの道路が大きく写っている写真の方から加工しましょう。この写真なんですが、最終イメージは実は道路がどっちかと言えばこちらの画像の右側の方に来てほしいので左右逆なんですね。そこをちょっと加工しようと思います。「イメージ」>「画像の回転」>これで「カンバスを左右に反転」を実行してください。そうすると左右反転してこれで意図に沿った形となりました。そしたら、こちらの画像の空は使用しません。空はこっちの画像の雲を使おうと思います。なので、まずこちら側の空をマスクしてしまいましょう。では、マスクを作成します。「クィック選択ツール」を選びます。そしてブラシサイズを適度に広げておいてこの空の部分をドラッグして選択していきます。この辺りはおおまかで結構ですのでこれで一気にいきましたね。この山並みとか植物の所これがちゃんと出る形でこれで選択範囲ができました。では、マスクの作成ボタンをクリックします。このままだと消したい空の方が残ってしまうのでここを開いて属性のパネルで「反転」をクリックします。 そうするとこんな形で残したい山とか地面の方が残ってきます。同じ属性のパネル今マスクの情報が出ていますけどここを使ってこの境界線の部分を滑らかに加工しましょう。「マスクの境界線」をクリックします。そしたら、このブラシのツール「半径調整ツール」を使ってこの境界線の部分を滑らかに加工します。直径を大きめにとってこの部分をドラッグしていくことで選択範囲の時点ではちょっと固かったものをより滑らかな形にしていきます。これで大分馴染む形になったかなと思います。これで例えば幾つかこのように背景を変えてみると見え方が変わってより判断がしやすくなります。これでOKします。これで下準備ができたので次はこちらの画像をこちらメインの方に持ってきます。では、こちらの画像を開いた状態で移動ツールを持ってドラッグします。ドラッグしてこのタブの所に持ってきます。そうするとタブが切り替わるのでマウスを放してやるとパッとこのようにこちら側に持ってくることができました。では、位置を合わせたうえでドラッグして順番を入れ替えてこっちの空が下に来るようにします。これでおおまかに空を入れ替えることができました。次の段階なんですがもう少し空の面積を大きくとりたいと思います。 道路が見え過ぎていますしここにゴミみたいなのが落ちていますね。これもカッコ悪いので隠してしまおうと思います。では、この2枚のレイヤーをまとめて移動させます。今こっちの空のレイヤーが選ばれているのでShift キーを押しながらこちらも押すと両方一遍に選ぶことができます。この状態だと移動ツールで2個一遍に動かすことができます。では下の方にもってきて大体これ位ですね。上が、目分量で構いませんのでこれ位の範囲、空くような感じでこんな感じにもってきます。今度は下のレイヤーだけをクリックして選んだ状態で動かして空を、もっと上の方に持ってきます。これでこんな感じになりました。ただ、この状態だとこっちの空に入っている山なども出てきてちょっと余計なものが多すぎてしまいますね。あと、こちら側の立体感と上の雲の立体感が撮っているカメラのレンズが違うのでちょっと違ってしまいます。それをある程度マッチングさせましょう。こちらのレイヤーに「編集」>「変形」>「ワープ」を選びます。するとこんな感じの9分割になって変形させることが可能となります。ここの、ちょっと見えづらいですけどハンドルというのが出ているのでこれをこのようにいじってやるとこうして曲げることができます。 更に、この画像の途中の方もドラッグすることで曲げられるので山が見えなくなる位の感じで真ん中の方を歪めてあげます。大分いいですね。そしたら、雲の下の方が歪みが大きくなっているので上の方も若干このように曲げてやって全体のこの立体感をこの道路の立体感と、あまり違和感が無い位のところまで持ってきてあげます。大体これ位でいいでしょうかね。形ができたらここの丸をクリックします。そうすると処理が確定されてかなり自然に、この空と前景が合成されました。この状態をベースにして作業していくので「ファイル」>「別名で保存」を実行してでは「work」とでもしておきましょう。そして Photoshop 形式で保存しておきます。あとは作業を進める毎に上書き保存してください。これで下地の背景ができました。

Photoshop 合成ワークショップ:夕暮れのランナー

Photoshopを使いこなせば、いろいろな素材を組み合わせて壮大かつ感動的な光景を作ることが可能です。このコースでは複数の写真を使った背景の作成、人物の切り抜き、光や影の調整、ぼかしを使ったピントの演出、画角の調整などを学ぶことができます。ポスターやチラシの作成などさまざまな用途に応用できる合成テクニックの数々を、ぜひ習得して自分のものにしてください!

1時間40分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。