Photoshop 合成ワークショップ:夕暮れのランナー

ランナーを切り抜き

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ランナーの写真素材上にペンツールを使用してパスを作成し、それを使ってマスクを作成し切り抜きを行います。
講師:
03:58

字幕

このレッスンではランナーの切り抜きを行います。このランナーの写真素材これを切り抜いてこちらに合成する下準備をしようと思います。この素材なんですけどズームしてみると大変はっきり写っています。ピントもしっかり合っていてこの背景との間のコントラストも分かりやすくなっています。また、こうした服の部分も含めこの脚の部分も結構ソリッドなカーブでできています。靴の部分は若干デコボコしていますけどそれでも結構なぞりやすい形ですね。あまり複雑なところは無い感じです。なので、こういったケースに向いているものとして今回はペンツールを使ってこれの切り抜きを行おうと思います。では、今回この左手は使わないので左手は無視してしまって直接体の方から始めていきます。例えばこの脚なども、かなりきれいなラインでできているので例えばこういう所から作業を始めてこういったカーブであればほとんど、この辺まで一息にぐいっと、なぞってしまえます。こういった所も少ない数でなぞることができます。またこういうカーブもこんな感じに割と大きな流れでなぞることができるので大分少ないパスの数で切り抜きが行えます。またシューズの部分も脚の所よりもかなりデコボコしてるんですがこういった所も結構小さいデコボコであってもこんな感じに綺麗な形なのでかなりなぞりやすくなっていますね。 こんな要領でずうっと続けていって靴の部分ですね。紐の部分などは中が空いていますけどこれはほっといて外側だけでいいですね。外側をずうっと辿っていってこの辺は全く問題なくずうっと流していきます。ちょっと迷いそうなのがこの靴が着いてる部分ですね。暗くて見えづらいんですがよ~く見るとこの辺靴が接地している部分の境界が何となく分かるので綺麗なカーブで、ぐいっと一息に行ってしまえば大丈夫かなと思います。この辺は全く問題なく服の部分も、はっきりしているので大丈夫ですね。そしたら、外側の所は形をこだわらなくていいので一息に行ってしまいます。そのようにして囲っていくと実はもう既に作ってあるパスがあります。全部ぐるっと囲むパスを作ることができます。このパスを選んでる状態でこのボタンを押します。「パスを選択範囲として読み込む」これをクリックすると選択範囲になるのでこの状態でレイヤーマスクの作成ボタンをクリックすると他の部分が無くなってランナーだけが残ります。これをこちら側に持っていく素材として使います。切り抜きが行えました。

Photoshop 合成ワークショップ:夕暮れのランナー

Photoshopを使いこなせば、いろいろな素材を組み合わせて壮大かつ感動的な光景を作ることが可能です。このコースでは複数の写真を使った背景の作成、人物の切り抜き、光や影の調整、ぼかしを使ったピントの演出、画角の調整などを学ぶことができます。ポスターやチラシの作成などさまざまな用途に応用できる合成テクニックの数々を、ぜひ習得して自分のものにしてください!

1時間40分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。