Photoshop 合成ワークショップ:夕暮れのランナー

ランナーを挿入

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ランナーの画像を背景の上に配置した上で、基準となるガイドに合わせて大きさと位置の調整を行います。
講師:
04:24

字幕

このレッスンでは背景にランナーを合成する作業を行います。まず移動ツールを持ちます。このランナーのレイヤーを移動ツールでドラッグしてこっちのタブに持っていき切り替わったら放します。この「プロファイルの不一致」と出たらOKを押して大丈夫です。そうすると、このような形でランナーが置かれるんですけどまだこれだと巨人みたいな感じですね。スケールと位置を合わせていくんですがその前に色々と下準備を行いましょう。まず背景の素材が色々ありますけどこれはとりあえず暫く使わないので全部纏めておきましょう。まず1個、一番上をクリックしてShift キーを押しながら下もクリックすると纏めて選べます。そしたら右クリックして「レイヤーからのグループ」を実行して名前は「背景」としておきましょう。そうすると一纏めにして中身も残すことができます。では、このランナーを大きさを縮小して配置しようと思うんですが何もない所であてずっぽうにやるのは大変なので基準となる線を作っておきましょう。まずこのルーラーを表示します。これが表示されてない方はMac では CommandWindows では Ctrl キーを押しながらアルファベットの R を押すと1回押すごとに出たり引っ込んだりします。 では出した状態でここからドラッグしてくるとこの線を引き出せます。では、この線をまず左側の道が切れる所この横並び、ここまで持ってきてここでマウスを放しましょう。これで1本引けました。こっちからも縦の線を引き出してきてこの遠くに1本木が見えますね。小さい木が見えます。これの左側の所、分かりやすいのでこの辺にしておきましょう。そうすると交差する部分ができました。では、ランナーを移動してきてこれを縮小します。「編集」>「自由変形」これを選んだうえでこの斜めの所のハンドルをShift キーを押しながらドラッグするとこんな感じで縮めることができます。では、まずこの白いTシャツの部分が隠れるようにしちゃいましょう。この方がすっきりしますね。そうしてこのシューズがシューズのオレンジのかかとの部分があるかと思いますがそれがこの下のこのラインにかかる位こんなサイズにしておきましょう。基準として、このオレンジのかかとがちょうど線にかかる位上はシャツが隠れる位これにした上でこの横位置ですけどこの短パンの端の所この部分がちょうどこの線に合う位これ位にしておきましょう。これでOKかなと思ったら丸をクリックして確定します。 では、このグリッドはもう使わないのでまたドラッグして外に出してしまえば見えなくなります。ではルーラーも Command もしくはCtrl+R で畳んでおきましょう。こんな感じでランナーを画面の中に配置できました。今紹介した基準線を引いてこれと同じ位になるように調整してください。

Photoshop 合成ワークショップ:夕暮れのランナー

Photoshopを使いこなせば、いろいろな素材を組み合わせて壮大かつ感動的な光景を作ることが可能です。このコースでは複数の写真を使った背景の作成、人物の切り抜き、光や影の調整、ぼかしを使ったピントの演出、画角の調整などを学ぶことができます。ポスターやチラシの作成などさまざまな用途に応用できる合成テクニックの数々を、ぜひ習得して自分のものにしてください!

1時間40分 (20 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。