After Effects モーショントラッキング入門

遠近コーナーピンの実践

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
遠近コーナーピンのトラッキングを使い、壁に貼ってあるポスターの差し替えた上で自然になじませます。
講師:
09:27

字幕

このレッスンでは遠近コーナーピンを使ったトラッキングの実践を行います。今、このコンポジションにはこんな感じの地図の画像とあと下の映像は この様にカメラがパンしてる状態になってます。これちょっと拡大してみるとここにポスターが貼ってあります。今回はこのポスターの部分に、この別途用意した画像をはめ込んでみましょう。ではまずこのポスターの位置トラッキングします。レイヤーを選んだらトラッカーから「トラック」を実行します。そして、トラックの種類を「遠近コーナーピン」にします。そうするとポイントがでてくるのでじゃあとりあえずこのポスターの四角に合わせてみましょう。こんな感じで 角ごとにドラッグしてきて合わせてみます。そして、これだけちょっと見えなくなってますけど他から伸びてくる線から推測して大体こんな所かな、といったとこに合わせてやります。じゃあこれでトラッキングがうまくいくかやってみるとすぐ外れてぐちゃぐちゃになってしまいました。意外とはっきりしてるようでちょっとトラッキングしにくいポイントになってたみたいですね。では、一回リセットしてなしにしましょう。こうした場合にはこのそのものズバリの場所じゃなくて他に見やすい場所、例えばこの赤い警報機の部分なんかはっきりわかりやすい場所をトラックポイントとして設定してやります。 例えばここですね、検索範囲もちょっと大きくとってターゲット領域をこんな感じにしてこういうわかりやすい所を設定した上でアタッチポイントだけ、この様に持ってくるとこのやり方をやるとよりトラッキングをしやすくなります。では他のものも例えばこちらのポイントは上の方に持ってきます。そして、範囲も大きくとってよりわかりやすい感じの所これを設定してやります。アタッチポイントは動かしてる時ずれてしまうので最終的に合わせます。ではこちらも領域も大きくとってこっちもですね。拡げた上でよりはっきりとしてる感じの所に持ってきます。そしてアタッチポイントだけ最終的にこのポスターの四隅に持ってきます。こことこことそしてこの見えないとこですね。調整してこんな感じにですね。これでとトラッキングしてみるとだいぶついてきてますね。ちょっと外れてきたところがあったらこの辺りですね、ちょっと調整してやります。もうちょいこっちを映しましょうね。この様な感じでトラッキングしてこの様にですねポスターの部分を認識することができました。そしたら、この別途用意していた画像これに対して、この部分ですねコーナーピンを適用します。では「ターゲットを設定」クリックして「コンポ1」ですねレイヤーの名前、これを選びます。 そして「適用」をクリックするとこの通りですね。キーフレームが設定されて動きに合わせてちゃんと画像がついてくるようになりました。ただもう1つ問題があってこの元々ポスターは茂みの向こう側にあったのですが茂みの手前に来てしまいました。これではちょっと格好悪いのでこんな恰好をしましょう。ではこのビデオのレイヤーですねこれを複製します。「編集」>「複製」を実行します。そしたら、一番上に持ってきます。そうすると消えますね。じゃあ中を開けて「モーショントラッカー」これは消してしまいましょう。そしたら一番上の所ですねマスクを作ってこの部分だけ被るようにします。ペンツールを持ってこんな感じに草の茂みに沿う様な感じで作ってやってこちら側の外側を若干大きめにとっておきます。そうすると、こんな感じで茂みが手前に来るようにマスクが作れました。ただこのままだとマスクの領域がずれてしまいます。なので、マスクもトラッキングしてみましょう。では、「マスク1」これを選ぶと「トラッカー」の画面がマスクのトラッキングになります。ではこれも同じようにトラッキングしてやると最終的に、この様にちゃんとマスクの範囲も一緒に付いてくるようになります。 マスクがちょっとエッジの部分が綺麗すぎてしまうという時には「マスクの境界線のぼかし」ですね、こういったのをかけてやると馴染んだ感じになってきます。では、今この画像があまりにもくっきり見えすぎてちょっとわざとらしいので明るさですね、合わせてやりましょう。ではこの画像のレイヤーに対して「エフェクト」の「カラー補正」>「トーンカーブ」これをかけましょう。そしたらトーンカーブのこの右上の所ですね。これを落としていくとちょっと暗くなってきます。これだけでも大分’馴染みますね。この真ん中辺りのカーブを変えるとコントラストが変わるのでこれですね、この周りの雰囲気にあわせた感じに落としてやります。そうするとかなり自然な感じになりました。こうすると、もう元々貼ってあったような感じに見えるかなと思います。この様に遠近コーナーピン使うと、こうした壁に貼ってある印刷物であるとかあと窓の中の景色なんかですね。そういったものをかなり自然な形で合成することができます。かなり面白いことができるので是非とも試してみて下さい。

After Effects モーショントラッキング入門

After Effectsの機能であるモーショントラッキングは映像内の特定ポイントを検知してその位置を追いかける機能です。このコースでは画面のゆれを改善するスタビライズや3Dカメラのトラッキング、mocha for After Effectsの使い方やマスクトラッカーを利用したテクニックなどを学びます。

3時間06分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。