After Effects モーショントラッキング入門

位置の安定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「スタビライズ」のトラッカーを使って、映像内における特定部分の位置を固定する手順を実践します。
講師:
05:05

字幕

このレッスンでは画面の中の特定部分の位置を安定させる手順について解説します。今こちらに立ち上がっている映像ですがかなりカメラが手振れしています。グラグラ揺れています。勿論画面上の位置は常に変化しています。これを画面の中の特定のポイントを決めてそこが動かないように調整する手順をやってみましょう。ではレイヤーを選んでトラックを追加したうえでトラックの種類を「スタビライズ」にします。もしくは今と全く同じ操作がこれでも行えます。このスタビライズのボタンをクリックしてトラッカーを追加するその場合はトラックの種類が最初からスタビライズになります。最初からスタビライズをやろうという時にはこちらのボタンを押せばワンタッチで解除できます。では、トラックポイントが出てくるので今回は分かりやすいところとしてこの白い器の中のこのサビのポイントかなり明暗が、はっきりしているので見えやすいのでここをポイントにしましょう。トラックポイントですね。これを移動してきます。そしたらポイントを設定して検索範囲も設定します。この状態でトラッキングを実行します。そうしたら、こんな感じに位置の移動がトラッキングされました。ここで「ターゲットを設定」をクリックします。 そして「モーションを適用:」「レイヤー」と出てくるのですがここで選べるのが自分自身のレイヤーになっています。これは例えばヌルオブジェクトなんかが存在していてもスタビライズの場合には選べないようになっているんですね。選べるのは自分自身ということになっています。では自分自身に対して設定したら「適用」そして「X および Y 」です。「OK」するとこれで処理が完了です。どうなっているかと言うとこんな感じになりました。この周りが動いているので一見揺れているように見えるんですが実はこのポイントは特定の位置に完全に固定されている状態となっています。この状態からトランスフォームを開けてやると位置とスケールは開いていますね。こう再生して見ていってここなどは例えばすごく画面がずれているといった場合には例えば位置を動かしてやります。ここで動いているのがアンカーポイントなので位置はオフセットとして機能します。その上でスケールをちょっと大きくしてやるとこんな感じで揺れていても下地が出てこない状態になっています。こうずうっと見ていってまだこう出る所がありましたね。そういった場合にはスケールをちょっと大きくしてやって位置も直してやります。 前の所から見てはみ出ないか確認して全体を通して大丈夫だと確認します。この状態で再生してみるとここの位置がぴったり同じところに固定されているのが分かるかと思います。全然上下にさえ動かないですね。今の処理ですけどスタビライズを行ったときにこの位置だけにチェックが入っていました。その状態でやったので今位置だけがこのように固定されています。これがシンプルなスタビライズの位置だけに適用して行ったパターンとなります。

After Effects モーショントラッキング入門

After Effectsの機能であるモーショントラッキングは映像内の特定ポイントを検知してその位置を追いかける機能です。このコースでは画面のゆれを改善するスタビライズや3Dカメラのトラッキング、mocha for After Effectsの使い方やマスクトラッカーを利用したテクニックなどを学びます。

3時間06分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。