Museで作るカラフルなスクロールページ

テキストをインポート

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
別途Wordファイルに用意したテキストをコピーして、Muse内のテキストボックスにペーストします。
講師:
02:51

字幕

このレッスンでは Muse 内へのテキストのコピー&ペーストについて解説します。それではホームを開けます。そしたら、まずここの場所そしてもう1つこちらのピンクの所この2か所にテキストを追加したいと思います。今回は、このコースの素材のChapter 01 のAssets の中に幾つかのテキストが用意してあります。この docxWord のファイルですね。じゃあその中のhotel_info というものとintroこの2つをまず開いておきます。そうしたら、これがintro の中身です。こんな感じでテキストが打ってあります。ではこれをまずコピーします。ドラッグしてこの様に全体を選択したらMac の方は CommandWindows の方は Ctrl を押しながらC を押してこれでコピーされました。そしたら Muse の方にテキストボックスを作ります。もう少し見えやすくしてテキストのツールを選んでそしたらここの黄色い所これドラッグしてやるとテキストのボックスができるのでCommand もしくはCtrl+V を押して入れておきます。とりあえずこれで結構です。ではもう1個同じようにして今度は hotel_info のファイルですね。 これも同じように選択してCommand もしくはCtrl+C でコピーします。そしたら、こっちのピンクの所にテキストのボックスを作ってそして Command もしくはCtrl+V でペーストします。そうすると2か所にテキストが入りました。そしたら最終的に下にもう1個エリアができるのでそれを作っておきましょう。では、丁度何も加工していない水色のパネルがあるのでMac の方は Option キーWindows の方は Alt キーを押しながらドラッグしてくると、こんな感じで下に挿入することができます。そしたら、ここは作成したスウォッチの中のパープルですね、これで塗っておきます。これでテキストが入って更にブロックが全部揃った状態となりました。

Museで作るカラフルなスクロールページ

WebデザインソフトMuseを使うと、デザイン性にあふれたWebページを簡単に作ることができます。このコースではページ全体の設計、画面のスクロールに合わせた動きやエフェクトの追加、ページ内のナビゲーション作成やウィジェットの活用、そしてできあがったファイルをアップロードしてWebサイトを公開するまでのひと通りの手順を学んでいきます。

1時間40分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。