Museで作るカラフルなスクロールページ

ブラウザでテスト

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一通りの要素が入ったページで、アンカーの位置を調整し、実際にブラウザで表示してチェックします。
講師:
02:17

字幕

このレッスンではブラウザでの確認について解説します。それでは一通りの要素が入ったので実際にブラウザで表示して確認してみようと思います。その前に今アンカーの位置がちょっとバラバラなのでこれを統一します。ではアンカーをドラッグしてこのブロックの一番左下にぴたっと付けます。そしたら Shift キーを押しながら10 回動かすと100 pixel 上に行きました。100 pixel というのがこのメニューの高さと一緒になるので丁度、メニューにこの分が隠れてピッタリ下のブロックが出てくるかなというそういった計算です。ではこちらもピタっと付けて10 回ですね。それぞれのアンカーを同じ割合だけ動かしてやります。そしたら「ファイル」メニューから「ブラウザーでサイトをプレビュー」これ実行します。そうすると書き出しが行なわれてOS で標準に設定されているブラウザーが起動します。例えば Chrome で表示するのがこんな感じです。それぞれの場所にこの様に移動してそうすると、ここのラインの所これがぴったりにいってますね。そして Back to Top で一気に戻れるとこの様な状態となりました。このメニューの高さとアンカーの位置の関係性これを覚えておくと中途半端でないピッタリした位置に合ってくれますね。 良い感じのナビゲーションができます。是非とも活用して下さい。

Museで作るカラフルなスクロールページ

WebデザインソフトMuseを使うと、デザイン性にあふれたWebページを簡単に作ることができます。このコースではページ全体の設計、画面のスクロールに合わせた動きやエフェクトの追加、ページ内のナビゲーション作成やウィジェットの活用、そしてできあがったファイルをアップロードしてWebサイトを公開するまでのひと通りの手順を学んでいきます。

1時間40分 (16 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。