After Effects CC 2015のアップデート

プレビューしながらの操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
従来のAfter Effectsでは不可能だった、再生したままでのエフェクトやトランスフォームの処理について解説します。
講師:
02:41

字幕

このレッスンでは プレビュー再生中の操作について解説します 従来の After Effects は プレビュー再生している時に 他の操作ができませんでした 他の操作を行うと 再生が止まる仕様になっていました CC 2015 はどうなったでしょう? まず プレビュー再生を開始します 例えば この状態で― 「トランスフォーム」を開いて 「スケール」を変えてみます この通りです スケールを変えても再生が継続されます また 回転させたり かなりダイナミックな処理を行っても この様に再生が継続されます リセットします では 「エフェクト」をかけてみます 例えば 「ブラー」をかけてみると 勿論 一瞬は重くなります しかし リアルタイムで再生されながら 効果がかかっています オン / オフも自由にできます その他 例えば 新規でレイヤーを作ったり そちらに対して― エフェクトをかけることも可能です 非常にスムーズに運びます この様に 再生を止めることなく どんどん効果を変えていけますので イメージを見るのも とても速いですし いちいち再生を止めたり 動かしたりする手間もなく 非常に楽になりました 再生自体がかなりスムーズになっています After Effects は基本的に Premiere などのビデオ編集ソフトと違い 完全に全部のフレームを レンダリングしてから再生するので スピードが犠牲になりがちです 絵は完璧にレンダリングされるのですが スピードが犠牲になりがちです 今回は この機能の装備により― 再生を行いながらどんどんエフェクトの イメージを固めていく その様な用途にもぴったりだと思います 大変 作業効率が良くなったので 是非試してください

After Effects CC 2015のアップデート

After Effectsに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではユーザーインターフェースやプレビューの改良、フェイストラッカーやキャラクターアニメーターといった新機能、またアップデートにより廃止された機能などAfter Effects CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

55分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月22日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。