After Effects CC 2015のアップデート

プレビューパネル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プレビュー再生操作を行うプレビューパネルに新しく追加された各種のオプション項目について解説します。
講師:
03:18

字幕

このレッスンでは プレビューの変更点について解説します プレビュー再生を行う時の 「プレビュー」です これも様々な点が変わっています 新しく変わった点を見てみましょう 機能の大部分が隠れていますので ウィンドウを広げて 隠れている項目を見てみましょう 以前はこんなに沢山ではなく 大体 これくらいまでしか パネルはありませんでした 様々な項目が増えています 一番上の「プレビュー」から始まって 次は「ショートカット」です これは「スペースバー」 「 テンキーの 0 (ゼロ)」 「 Shift + 0 (ゼロ)」を選べます 間違えやすいのが 例えば「スペースバー」です 元々 これは再生に割り当てられています ただ プレビューの動作になるのは これに割り当てられている時なので 例えば これを「 0 」に設定して スペースキーを押しても― 動きます しかし このプレビューの動作をするのは この時は「 テンキーの 0 」です こういう違いがあります ですので 間違えやすいので注意してください 次に「プレビュー時に優先」です 「フレームレート」で なるべく正しいスピードで見たいのか それとも「長さ」で なるべく長い範囲をプレビューしたいのか 同じメモリーの量を使う時 どっちを優先させたいかです 「フレームレート」にした方が 動きが正しく見えます 長めのものを使って全体を見たい時は 「長さ」を選びます 次に「再生開始の時間」です これで さっきの「ショートカット」の 割り当てが分かります 例えば これで「 0 」にしておくと 「 0 」を押して再生した時 この様に範囲の先頭から再生されます これが「 0 」の時に スペースキーを押すと 現在の場所から動きます これはプレビューの動作ではなく スペースキーに元々割り当てられている 再生動作になります そんな違いがあります そういう違いがあるので プレビューか通常の再生かを ここで判断すると分かりやすいです 次に「レイヤーコントロール」です 再生中にパスを描いた時の ハンドルやマスクの表示を 設定するオプションです その他「外部ビデオ」をクリックすると プレビューしている内容を 外部のモニターに出す設定が開きます 以前から設定自体はあるのですが 「環境設定」をまわらなくてはならないので ここにあるのは大変分かりやすいです プレビューはある意味 一番使用頻度の高い機能でしょう この様に ちょっとした改良ですが かなり使いやすくなってますので 是非 試してください

After Effects CC 2015のアップデート

After Effectsに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではユーザーインターフェースやプレビューの改良、フェイストラッカーやキャラクターアニメーターといった新機能、またアップデートにより廃止された機能などAfter Effects CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

55分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月22日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。