After Effects CC 2015のアップデート

プレビューパネルの変更点

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
内容が大幅に変更されたプレビューパネルの各オプションの動作について、キャッシュの作られ方、プレビュー操作時の各種の挙動についての詳細を解説します。
講師:
07:24

字幕

このレッスンでは プレビューの変更について解説します このバージョンの After Effects では プレビューの動作に様々な変更が加わりました では それを確認してみましょう まず「プレビュー」のパネル このような項目があります まず目につく所として この「ショートカット」ですね 「プレビュー」を実行するための ショートカットを選べるようになっています 例えばショートカットの ここの 「再生 / 停止」のボタンを クリックしたのと同じ動作になるわけですが 今の状態だと Shift+Space バーですね それを押すと このようにプレビューされます これを例えば では「0」ですね テンキーの「0」に入れ替えてみると 今度は テンキーの 0 を押します このように設定した ショートカットで動作する そのような仕様になっています では今プレビューが進んでいて どのような動作になっていたかというと どんどん再生が進んでいって レンダリングも同時に進んでいく このような動作になっています 当然レンダリングが済んでいない所は レンダリングしながらなので 実際の速度よりも遅くなります 先に全部レンダリングが終わってから 正しい速度でプレビューしたい という時には 「再生前にキャッシュ」 こっちにチェックを入れておきます では一回キャッシュを消して 「再生前にキャッシュ」を オンにした状態で再生してみます この時にもう1つ 「キャッシュされたフレームを再生」 こっちにも入れておいてみましょう ではプレビューを実行します そうすると今止まった状態ですね 止まったまま レンダリングだけが進んでいて この時「キャッシュされたフレームを再生」に チェックが入っていると もう1回プレビューボタンを押すと この... レンダリングが終わっている所だけですね キャッシュされている部分だけを 再生するようになります 部分的に ちょっとプレビューしたい という時には この動作のほうが便利です 今このキャッシュされている範囲 ずっと何回もループして動作していますが ここの部分ですね ループの設定を1回だけにしておくと この範囲をプレビューしている時に 端まで来ると ループせずに止まります このループも オン オフ を 切り替えることが可能となっています では下の方を見てみると 今度は「埋め込み」という 項目があります これはプレビュー再生中に ビデオ オーディオそれぞれ それをプレビューする しないの切り替えが ここで可能になっています ではもう1つ隣にある これなのですが これはどういったものかというと 「オーバーレイおよびレイヤーコントロール をプレビュー表示します。」とあります 例えば こうしたオブジェクト 今 実写の上に こうしてイラストが載っていますけど 選択すると このようなハンドルが表示されます 通常はプレビュー時は このハンドルは消えます このように消えてしまうのですが この... チェックがオンになっていると こうしたハンドル類が プレビュー中も表示される 地味ですけど どこを選択しているか わかりやすいですね こうした細かい所 切り替えが可能となっています では 下に行きましょう プレビューの「範囲」ですね 今「ワークエリアと現在の時間」 となってますけど これをいろいろ切り替えることが出来ます 「ディレーション全体」だと この全体ですし 例えば「ワークエリア」にしてみましょう では キャッシュを一回消去して ワークエリアを― 狭くして 「ワークエリア」だけにしてみます プレビューすると このようにワークエリアだけを キャッシュするようになっています これを例えば 「ディレーション全体」にすると ちゃんと全体を レンダリングするようになります また こうした特定の範囲に加えて 例えば「現在時間の前後を再生」 こんなのにすると 現在の位置から 2秒前 そして 2秒後まで と こんな感じに特定の値を設定して プレビューすることも可能です 次に「再生開始の時間」です これは 今 このインジケーターがいる場所か それとも設定した「範囲の先頭」 にするかです これも切り替えることが出来ます また 一番下にある 「時間をプレビュー時間に移動」ですが これもどんな動作かやってみると 一度「ディレーション全体」にして まずこれがオフの状態 これでプレビューを始めて 止めると 再生開始の位置 今回は この先頭でしたけど ここに戻ります これが「時間をプレビュー時間に移動」が オンになっていると プレビューを止めた時に その場に時間位置が移動します こんな感じでちょっとした違いですけど 毎回リセットされたほうが良いのか それとも あくまでこの再生ヘッドが 進んだ位置で止まってくれたほうが良いのか 作業の内容や好みによって 変わってくると思うので 任意で切り替えられることは 大変便利ですね ではその下 「フレーム」を間引いたり 「スキップ」して 再生を軽くしたり また「解像度」ですね どのように適合するか こういった設定も並んでいます 特にキャッシュの作られ方について 例えば「再生前にキャッシュ」をオンにして こうしておくと 一回レンダリングが 終わってからプレビューできるので 以前のプレビューのような RAMプレビューのような使い方もできます これを外しておけば どんどんリアルタイムで進んでいくという こちらの方がしっくりくるという方も いるでしょう このように かなり好みとか 作業の内容に応じて プレビューおよびキャッシュの作られ方を 非常に柔軟に設定することが 可能となっています かなりプレビューパネルの内容も 以前より増えてますので 是非それぞれのオプションを試してみて 自分好みの設定を見つけて下さい

After Effects CC 2015のアップデート

After Effectsに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではユーザーインターフェースやプレビューの改良、フェイストラッカーやキャラクターアニメーターといった新機能、またアップデートにより廃止された機能などAfter Effects CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

55分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年07月22日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。