Photoshop CC 2015のアップデート

顔立ちを調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「ゆがみ」に新たに追加された、顔の中のパーツを自動認識して手軽に調整できる「顔立ちを調整」について解説します。
講師:
05:07

字幕

このレッスンでは顔立ちの調整について解説します。それでは今画面の方には顔の写真が表示されています。Photoshop の新しいバージョンではこうした顔写真の中のそれぞれの顔のパーツなどを簡単にエディット出来る機能が入りました。では早速やってみましょう。「フィルター」のメニューから「ゆがみ」を選択します。「ゆがみ」自体は以前からありましたが中身が色々とリニューアルされています。ではその中、右側のオプション項目の中に「顔立ちを調整」という項目があるのでそこを開けます。そうすると、「目」「鼻」「口」とこの様に顔のそれぞれのパーツのパラメーターが表示されています。今回は画面の中に顔が1つだけですが複数ある場合にはこの様に「顔を選択」という所から対象となる顔を選んでやります。ではまず「目の大きさ」これを動かしてみると目にご注目下さい。読んで字の如くこの真ん中が標準の状態ですがそこから大きくしたり逆に小さくしたりこの様に調整することができます。ではちょっと大きくしてみましょう。そして「目の高さ」これもどれくらいぱっちりと開いているかちょっと閉じかけかという所を調整できます。そして、「目の幅」ですね。 幅を広げると、この様に横の幅が広がっていきます。そして「目の傾き」ちょっとつり上がった感じか垂れてる感じかですね。特に選択範囲等を作らなくてもこの様に顔の中の特定部分が自然な形で変わっていきます。そして、「目の間隔」これも真ん中に寄ったり、外側に離れたり調整することができます。そして、次「鼻」ですね。鼻を高くしたり、低くしたりまた幅をこの様に絞ったりできます。そして「口」の所「笑顔」というのがありますが「笑顔」をいじってやると、この様に口角がちょっと上がってそれに合わせて、鼻の下の部分その辺も全体的に変わっていきます。ちょっとだけ、もう少し笑ってる感じにしましょう。そして、それぞれの唇のサイズであったりとか、また口全体の幅を変えることもできます。そして、「顔の形状」まず「額」の方です。額を狭くしたり、広くしたりそして下半分ですね、顎全体の輪郭であったりとかまた顔全体の幅をもう少しスリムにするといったこともできます。そして「顔の形状」なんですがこちらにある顔ツールこれをクリックすると、この様にグリッドが表示されてそれをドラッグすることでもっと感覚的に、この様な形でエディットすることもできます。 この様な形で編集できました。では OK するとこんな顔になってます。一回 Undo しながら前の顔と比べてみるとこれが元々の顔です。そして修正後の顔がこの様な形になりました。今回はかなり全体的に手を入れていますが例えば目だけ少し大きくするとか鼻だけ少し直すとか、部分的に操作してちょっとだけ直すということも可能です。特に注目して頂きたいのは選択範囲も何もつくらなくてもかなり正確に顔のパーツを認識してピンポイントに動いてくれる点です。大変面白いツールですので是非ご自分の顔はじめ様々な顔の写真で試してみて下さい。

Photoshop CC 2015のアップデート

Photoshopに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではスマートフィルターやレイヤー効果の変更、ぼかしギャラリーの拡張、レタッチツールの改良、アートボードの使い方、クイック書き出しの機能などPhotoshop CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

2時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2015年07月18日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。