Photoshop CC 2015のアップデート

書き出しの改善

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

複数のサイズや形式の画像を一度に書き出すことのできる書き出し機能の進化したポイントについて解説します。

講師:
05:10

字幕

このレッスンでは書き出しの機能強化について解説します。それでは今のサンプルファイルですがこの様な猫の写真が見えています。そしてこのレイヤーを見えなくすると下に加工前の画像も残っています。この様な状態となっています。こうした時、今選ばれてるこのレイヤーを別の画像として書き出したいそんな時には「ファイル」メニューの「書き出し」>「書き出し形式」これを使います。では「書き出し形式」実行してみましょう。そうすると、この書き出しの設定の画面になります。こっち側見てみると書き出しの形式であるとかまた JPEG なんかの圧縮する場合には「画質」ですね、そしてサイズを変更して保存したりまた「メタデータ」を入れたり「色空間情報」をのせたりとそういったことができます。こちら側の左側を見て頂くとここに「サイズ」と「接尾辞」というのがあります。ここなんですが、この+をクリックしてみるとこんな感じに項目が増えます。この機能強化された書き出しを使うとここに「サイズ」とでてますが違うサイズの画像を一度に書き出すことができます。ここを開けてみると、この様に元の画像に対しての縮尺が書かれてるので例えば 0.5 というのがあったりまた 0.75 があったりこの様に様々なサイズの違いを登録しておきます。 こちらの「接尾辞」というものですがそれぞれのファイルに識別のためにくっ付けられる文字列ほとんどこの倍率が入っていますがそれが書かれています。ではこれを設定した上で「すべてを書き出し」と実行して保存場所を決めて書き出しをクリックします。そうすると、書き出しが行われて今書き出されたものがこちらになります。それぞれ、元のファイル名以外にこの様に倍率が入っています。それぞれの画像情報を見てみると一番上のものは2560 × 1920オリジナルと一緒ですが0.5 だと丁度半分になってます。0.75 それぞれ、この縮尺に対応するサイズに変えられています。この様に非常に効率よく画像を書き出すことが可能となっています。今は1個のレイヤーだけでやりましたがレイヤーを複数選んだ状態で行うと複数の画像、それぞれのレイヤーの中身を別々の画像として書き出すこともできます。そして、こちらのレイヤーパネルのこのレイヤーの部分を右クリックするとこちらにも「書き出し形式」とありますが同じものです。こちらを実行すれば同じウィンドウが立ち上がって先程2つのレイヤーを選んでおいたので2つになってますね。この要領で設定を行って書き出しを実行するとこんな感じでそれぞれの画像が書き出されてファイル名にも反映されているとそのような便利な書き出しを行うことができます。 ちなみに、この「書き出し」の部分一番上の部分は「クイック書き出し」となっており今 JPEG になってます。これなんですが、ここの「書き出しの環境設定」これを実行すると細かく変えることができます。JPEG の場合には画質を設定したりまた他の画像形式にしたり保存場所であるとか、こういったものが設定可能となっています。もちろん単体のレイヤーも右クリックすれば「クイック書き出し」もしくは「書き出し形式」で詳細を設定するといったことが行えます。特に最近は Web サイトなんか作る時にはデバイスのサイズに合わせて1個の画像も幾つもバリエーションを作らなければならないといったことも増えています。そういった時にも大変便利に使える機能です。是非とも画像のバリエーションを作る際には活用してみて下さい。

Photoshop CC 2015のアップデート

Photoshopに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではスマートフィルターやレイヤー効果の変更、ぼかしギャラリーの拡張、レタッチツールの改良、アートボードの使い方、クイック書き出しの機能などPhotoshop CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

2時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2015年07月18日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。