Photoshop CC 2015のアップデート

修復ブラシのアルゴリズム改善

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
修復ブラシに新たに加わった誤差拡散法の設定方法と、以前のアルゴリズムに戻す方法について解説します。
講師:
05:17

字幕

このレッスンでは修復ブラシツールのアルゴリズム変更について解説します。それではこのレッスンのサンプルファイルを開くとこのような写真が出てきます。ではちょっと拡大してみましょう。特にこの顔の左下のあたりですね。ちょっと肌荒れなんかがありますね。こういったものを修正する時なんですが、よく使われるものの一つに「修復ブラシツール」、これがあります。この修復ブラシツールのアルゴリズムが今回多少変更されました。それではさらに拡大して、まずちょっと使ってみましょう。では一回新規のレイヤーを作って、そしてここの選択を「すべてのレイヤー」としてあげると、このレイヤーに対して作業を適用することで、後からやり直しが効く形でこの修復が行えます。今回変更になった点ですが、この部分です。「誤差拡散法」という項目が増えています。ではまずこれを7にしてちょっとやってみましょう。ではこの部分の肌荒れですね、修正してみます。Mac の方は Option キー、Windows の方は Alt キーを押しながらこの荒れていない部分をクリックします。そしてこの荒れている部分に持ってきて、ここですね、ドラッグするとこのようにこちら側のパターンを使って自然な感じで修復されました。 レイヤーをオンオフすると、このようにかなり馴染んだ形になっています。では一回これレイヤーをオフにしてもう一個レイヤーを作って今度は「誤差拡散法」を1にしてみましょう。そして改めてさっきと同じあたりをOption または Alt を押しながらクリックしてそしてこのように作業をします。すると、さっきよりちょっと明瞭に境界ができていますね。誤差拡散法を7にした時は割と馴染んでいるんですが、1にすると明瞭なのでちょっとこのケースの場合境目が見えてしまっています。これが素材の状態によって使いわけが出来るようになりました。以前はどんな形だったのかというと、「環境設定」のツール、Mac の場合には Photoshop CC メニューの「環境設定」>「ツール」、Windows の場合には「編集」メニューの一番下に同じものがあります。ではそれを実行します。そしてこの部分を見ると「修復ブラシに以前の修復アルゴリズムを使用」とあります。では試しにちょっとオンにしてみてですね、そして OK しましょう。そしてレイヤーをもう一枚作って同じく修復ブラシツールを選んでみると、この部分ですね、さっきあった誤差拡散法のオプションがなくなっています。 ではこれでちょっとやってみましょう。また同じ辺りを Option または Alt を押しながらクリックしてそしてこのような形で処理します。そうすると前のアルゴリズムでもこんな感じで修復が行われます。比べてみると、誤差拡散法を大きくしたものの方が比較的以前のアルゴリズムに近くなっています。そして例えばもっとはっきりとした部分の修復なんかには、この誤差拡散法を小さくしたものを、中の質感もちょっと違っています、こちらを使うという手もあります。以前は完全に一つしか選択肢がなかった訳ですが、ニュアンスを、誤差拡散法の設定によって変えることができるようになりました。前の設定の方が慣れているのでそちらを使いたいという人はここにチェックを入れて以前のアルゴリズムにしておくこともできますし、新しい誤差拡散法を生かす時にはこれを外して、そして適宜ここの部分を設定して使うこととなります。特に細かいニュアンスのレタッチを行う時に大変便利ですし、また変えたくないという人にもちゃんと選択肢が残っています。ぜひ自分はどちらの方法が向いているか確認してみてください。

Photoshop CC 2015のアップデート

Photoshopに2015年6月のアップデートでさまざまな新機能や機能強化が加わりました。このコースではスマートフィルターやレイヤー効果の変更、ぼかしギャラリーの拡張、レタッチツールの改良、アートボードの使い方、クイック書き出しの機能などPhotoshop CC 2015の変更点をまとめて学ぶことができます。

2時間53分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2015年07月18日
アップデート日:2016年06月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。