Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

インターフェイスの変わったファイルパネル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ファイルパネルの操作の仕方や、ボタンなどの表示が変わりました。
講師:
02:29

字幕

このレッスンではインターフェースの変わったファイルパネルについて説明します。ファイルパネルはこのパネルの右側上の方に表示されています。そして、ボタンがあまり無いですね。現在ローカルのファイルを表示しているんですが実は今どこを見ているかによって必要なボタンが表示されるというそういうインターフェースに変わりました。それから「更新」のボタンは左下に移っています。そして、ローカルを開いていてサーバーはまだ定義していないんですがそうすると「サーバーを定義」というボタンが現れます。クリックすると、「サイト設定」でサーバーを入れなさいという風に出てくるんですがここは、どんな画面になるかをお見せするだけですのでテストサーバーを設定してみたいと思います。まず「+」でサーバー名を入れます。テストサーバーですのでローカルでサーバーのフォルダーはここにしておきましょう。そして保存をします。「リモート」ではなくてテストサーバーですので「テスト」をチェックして「保存」です。現在まだ「サーバーを定義」のボタンが出ていますね。「保存」をすると、先程申し上げた通りボタンが現れました。テストサーバーに接続をするという設定それから GET、PUTこれはテストサーバーに同期させるボタンです。 そして「ローカルビュー」とあるんですが今リモートは設定していませんのでテストサーバーに切り替えるとテストサーバーに設定したフォルダーの中身が出てきます。では、またローカルビューに戻して「展開」のボタンを押すと左側に展開します。こうすると、テストサーバーが左側ローカルが右側ということで2つの間を操作する画面が出てきます。そしてここにも同様にボタンが出ていますね。ではまた畳みましょう。このレッスンではファイルパネルの操作の仕方やボタンなどの表示が変わったのでそのインターフェースについて説明しました。

Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

Dreamweaver CC 2015が2017 (ベータ版) としてメジャーアップデートされました。このバージョンアップに伴い、ワークフローを改善するデザインの変更やコーディングを効率化する細かな機能などがいくつか加えられました。このコースでは、それらの新機能や機能強化の中から主な項目をかいつまんで紹介します。

29分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。