Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

コードビューのステータスバーへの追加機能

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コードビューのステータスバーに、新しい情報やボタンが加わりました。
講師:
03:23

字幕

このレッスンではコードビューのステータスバーに追加された機能を紹介します。コードビューのステータスバーの下の所ですね。LINE、COLUMN という表示があります。例えば、この Bootstrap with Dreamweaverという最初の所にカーソル、挿入ポイントを置くとこれは 69 行目のCOLUMN 31 だということが出てきます。もっと先にすれば行は変わらず COLUMN が増えるということで今現在どこを見ているのかということが分かるようになっています。それから HTML と出ていますけれどもこれはコードカラーとコードヒントの選択ができるようになっています。勿論デフォルトでは HTML のドキュメントは「HTML」ですね。それから、CSS については「CSS」が選ばれていますしJavaScript は「JavaScript」となっています。でも例えばここで「Java」とするとちょっとだけこの辺が変わるんですけども或いは、「TypeScript」が加わりました。ここは「JavaScript」に戻しておきましょう。そしてソースコードの方に戻ります。「挿入」と書いてありますね。これはクリックすると、切り替わります。 OVR、overwrite ということなんですが上書きということです。挿入が通常の編集の仕方で例えばこの Dreamweaver の所ですがここで挿入ポイントを置いてワンスペース、 CC 2017 と書くとその文字がこの閉じタグの前にどんどん挿入されますね。これは当然な感じがするでしょう。普通のタイプをした時の入力のされ方です。それに対してちょっとスクロールをしてここに grey と書いてありますね。さて、この grey の所に挿入ポイントを置いて挿入を OVR に変更します。上書きです。挿入ポイントはこの grey の所そうすると、縦棒でなくて下線が出てきますね。これが上書きの場合のカーソルの出方です。ここで grey とありますけどblue と打つと文字が全部上書きされていくんですね。昔のコンピューターではこういうモードの切り替えがあったんですが無くなって久しいけれどもそれが復活したということです。尤も、「挿入」・「OVR 」英語と日本語が混じっていてちょっとちぐはぐですね。これはまだ Dreamweaver のベータですから例えばメニューについてもFind という英語でまだ英語がかなり混じっていますね。 こういうことですので、このボタンも恐らく「挿入」と「上書き」位の用語に変更されるのではないかと思います。このレッスンではコードビューのステータスバーに加わった新しい情報の表示やボタンについて説明しました。

Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

Dreamweaver CC 2015が2017 (ベータ版) としてメジャーアップデートされました。このバージョンアップに伴い、ワークフローを改善するデザインの変更やコーディングを効率化する細かな機能などがいくつか加えられました。このコースでは、それらの新機能や機能強化の中から主な項目をかいつまんで紹介します。

29分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。