Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

カスタマイズできる一般ツールバー

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一般ツールバーに表示するツールは、カスタマイズできます。
講師:
02:22

字幕

このレッスンでは一般ツールバーのカスタマイズの仕方について説明します。一般ツールバーというのは今このワークスペースは初期設定になっていますけれども初期設定の場合、左側に表示されるこれが一般ツールバーです。例えば上には「開かれているドキュメント」であるとかそれから「ファイル管理」「デバイスプレビュー」それからライブビューに関するボタンなどがあったりとかこの辺りはコードですね。そういったものがあります。そして、この画面の場合は全部表示しきれていません。そうすると、下の方に続きを表示するボタンがあるのでクリックすると、続きを見ることができます。そして、一番最後にある「 ... 」と3つ点があるこれがカスタマイズのボタンになります。現在表示されているツールにはチェックが付いています。全部チェックがついていますね。チェックを外すとそのツールを非表示にすることができます。例えば、分かりやすいように上から4つ程非表示にしましょう。そして完了するとこの上の4つが消えて無くなります。1つ注意する点はこの設定はワークスペースとは連動していません。ですから、一旦今初期設定でこの一般ツールバーをカスタマイズしたわけですけども「初期設定」から例えば「コード」に変えたといっても元には戻りません。 ですから、ワークスペースとしてこの設定が管理されてるわけではないです。言ってみれば、環境設定と同じような位置づけになると思えばよいでしょう。では元に戻すには、と言うと環境設定の中にはありません。またこの続きのボタンをクリックしてカスタマイズのボタンそしてチェックをもう一回元に戻しても良いですし初期設定に戻すというボタンがありますからこれをクリックすれば元に戻すことができます。戻りました。この設定はアプリケーションDreamweaver CC を閉じても残りますのでカスタマイズした後、閉じてもう一度立ち上げれば環境設定と同じですのでカスタマイズした状態で立ち上がるということになります。このレッスンでは一般ツールバーに表示するボタンをカスタマイズする方法について説明しました。

Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

Dreamweaver CC 2015が2017 (ベータ版) としてメジャーアップデートされました。このバージョンアップに伴い、ワークフローを改善するデザインの変更やコーディングを効率化する細かな機能などがいくつか加えられました。このコースでは、それらの新機能や機能強化の中から主な項目をかいつまんで紹介します。

29分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。