Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

強化されたコードヒント

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
コードヒントが強化されて、HTMLやCSSおよびJavaScriptのコード入力の効率が上がりました。
講師:
03:44

字幕

このレッスンでは強化されたコードヒントの機能について説明します。今 HTML ドキュメントを開いていますがコードビューでリンクを1つ加えましょう。改行してlink と。この辺はあまり変わりません。href と。そして、ここでいちいち参照のボタンを押さなくてもディレクトリをこのように表示してくれるわけです。CSS の中にある、と。選んで Enter キーですね。そして、bootstrap の方は既にリンクされていますのでもう1つ、style.css を選択します。それから rel で、stylesheet と。非常に入力がより効率的になりました。では一旦保存しましょう。そうすると、今リンクしたstyle.css が表示されたのでこれは練習用に開いたファイルなのでクラスはセレクタで選んでいますがまだ何も書いていません。カラーを選択しましょう。color と。そしてカラーの名前ですね。カラーネームが指定できるようになりました。royalblue ということで選択します。それから、これはコードヒントではありませんがクリックしてカラーネームを選んだ上でクィック編集ですね。Ctrl もしくは Command編集 edit の E を押します。 そうすると、カラーピッカーが開くのでやっぱり赤がいいと基準域を変えて赤くしてしまって Enter と押せばここがそのクラスを設定してあるんですけどタイトルのカラーが変わりました。では、今度は JavaScript の方です。JavaScript の bootstrap.js仮に何か入れてみますけどもこれはとても嬉しいんですがfunction が入れられるようになりました。とても楽ですね。沢山使うキーワードになりますのでtest にしておきましょう。そして { を打ちます。すると } まで入ってしまうんですね。そしてこれから Enter キーを1回だけ押します。ちゃんと } が1つ下がった上でコードが入力できるようにfunction の本体の方にカーソルが光っています。そして例えばdocument のquerySelector とかですね。先程のタイトル部分なんですがあれは main-title というクラスが付けてあるんですがここも又シングルクォーテーション1個を入れてしまえば2つ入ります。main-title と。そしてコードも test よく使いますね。console.log が非常に簡単に入れられるようになりました。 コードがかった方にとってはこれはとても嬉しいのではないでしょうか。ここは単純に test としておきます。このように HTML CSS それからJavaScript のコードの補完がより強力になり、入力が効率化されるようになりました。このレッスンでは強化されたコードヒントの機能について説明しました。

Dreamweaver CC (ベータ版) プレビュー

Dreamweaver CC 2015が2017 (ベータ版) としてメジャーアップデートされました。このバージョンアップに伴い、ワークフローを改善するデザインの変更やコーディングを効率化する細かな機能などがいくつか加えられました。このコースでは、それらの新機能や機能強化の中から主な項目をかいつまんで紹介します。

29分 (9 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年06月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。