Animate CC の新機能

Photoshopファイルの読み込みオプション強化

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopファイルの読み込みに詳細なオプションが加えられました。
講師:
06:52

字幕

このレッスンでは Photoshop ファイルの読み込みに加えられた詳細なオプションについてご紹介をします。Photoshop ファイルについても通常のアセットと同じように「ファイル」メニュー>「読み込み」>「ステージに読み込み」もしくは「ライブラリに読み込み」を選択します。ただ実際に読み込む前にまずその Photoshop ファイルをPhotoshop で開いて確認することにしましょう。こちらが Animate に読み込もうとするPhotoshop のファイルです。サイズは約 3500 × 5200 pixelということで、かなり大きいです。実際に Animate で使う時にはその使うサイズに合わせた方が余分なサイズ、ファイルサイズをとりませんので、その方がいいんですがこの様な大きなファイルも読み込めるということを確かめるためにこのままにしておきます。レイヤーは3つあります。まず元画像ですね。背景となっています。そこに「レイヤー1」とありますけど「不透明度」が30% ということになっています。ここですね。実際に上げてみるとこんな感じの画像です。これを「不透明度」を下げて重ねてあるということですね。 それから、もう1つのレイヤーについても同じく「不透明度」30 となっています。100% にするとこんな感じです。これを元画像に重ねてあるということです。一旦これは「復帰」しておきましょう。そしてもう1度確認しておきますけれどもこれが元画像、そこに不透明度 30% のレイヤーを重ねちょっとコントラストがはっきりしてきましたね。更にもう1つレイヤーを重ねてこんな感じの画像になったということです。これを Animate の方に読み込んでみましょう。Animate では先程確認した通りファイルの読み込みなんですがレイヤーごとに分けて読み込みたいと思いますのでこれは「シンボル」に入れておくと扱いやすいので「シンボル」を新規に加えることにします。シンボル名はファイル名と同じくocean としておきます。グラフィックシンボルです。これで OK と新規シンボルができましたので「ファイル」>「読み込み」でこのシンボルの中に読み込みますので「ステージに読み込み」を選択します。そしてファイル ocean.psd開きます。そうすると設定のダイアログが開くんですけどこれが詳細オプションと言われるものです。今までは、この簡易な方のこの程度の選択しかありませんでした。 これがほぼ今まであった選択肢なんですけど詳細オプションに切り替えるとレイヤー毎に設定ができるようになっています。チェックが付いているレイヤーは読み込む外せば読み込まないということになりますが今回は3つとも読み込みます。そして、背景の画像これは統合されたビットマップ通常のビットマップですね、でいいんですけど上のレイヤーは不透明度がありました。それを生かしたいので「編集可能なレイヤースタイル付きのビットマップ」ということでチェックを付けます。こちらのラジオボタンを選択します。そうするとムービークリップとして読み込まれます。インスタンス名が設定できるのですけど特に Script でコントロールするという予定がないので空でも構いません。基準点は左上が便利でしょう。「レイヤー2」も同様です「編集可能なレイヤースタイル付きのビットマップ」でムービークリップになります。もちろん1つのビットマップとして読み込めば簡単なんですけれどこれでは詰まりませんので、今回はレイヤー3つをそれぞれ Animate のレイヤーシンボルの中に読み込みたいと思います。では、この状態で読み込みをしましょう。ちょっと時間がかかりますかね。 読み込まれました。画像、大きいですね。すべて表示ということで確認をしましょう。大体 Photoshop の画像と同じイメージなんですけど確認しましょう。一旦、全部非表示にして背景はこの状態ですね。そして、その上に「レイヤー1」が重なっています。これは見てみると「アルファ」が 30%ということになってますね。背景ちょっと消してみましょうか。こんな感じになっています。それから「レイヤー2」も、やはり「アルファ」が 30% ということで全部重ねるとこの様なイメージになります。これは新規シンボルとして作りましたのでまだ ステージ、シーン1、メインタイムラインには配置されていません。では配置しましょうか。せっかくですから、ステージは暗く黒で行きましょう。そして、ここにライブラリからちなみにこのライブラリの「アセット」ファイル名と同じで「アセット」という中に読み込んだビットマップが入っています。これが背景ビットマップですね。そして2つのレイヤーはムービークリップシンボルになっています。不透明度の設定をしなければいけなかったのででも、実際にはこの「アセット」の中にビットマップの状態で入っていてそれがシンボルになっていると いうことです。 そしてそれを ocean というグラフィックシンボルに作りましたのでステージ、メインタイムラインに配置しましょう。大きいですね、これはプロパティのパネルでX 座標、Y 座標を0に設定します。それから縦横比、揃えてですからこのチェーン、繋がった状態ですね。縦長ですから、高さをステージに合わせて、400 とします。幅も変わりました。ではこの状態で位置揃えしましょう。ステージを基準に「中央」一応ここもやっておきましょう。動かないでしょうけど、「中央」ということでこんな感じになりました。プレビューで確認しましょうか。「制御」>「ムービープレビュー」は「Animate を使用」になっていますので「プレビュー」で大丈夫でしょう。画像が大きいまま読み込んだので拡大しても綺麗な画像です。Photoshop の方も確認してみましょう。こちらが Photoshop の画像そしてこちらが Animate の画像ということで、ほぼ完ぺきと言って良いでしょうね。このレッスンでは詳細のオプションが加えられたPhotoshop ファイルの読み込みについてご説明しました。「読み込み」のメニューは一緒なんですけどPhotoshop のファイルを選択すると詳細のダイアログが選択できてそこでレイヤーごとに設定やどのレイヤーを読み込むかということが選べるということでした。

Animate CC の新機能

Flash ProfessioalがAnimateへと生まれ変わりました。新しいAnimateではこれまでのFlash PlayerやWebだけではない、より幅広いメディアプラットフォームへの対応が強く意識されています。HTML5への対応強化やCreative Cloudを通じた他のアプリケーションとの連携の機能など新しい機能や機能強化について解説します。

1時間18分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年04月21日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。