Animate CC の新機能

HTML5 Canvasのパブリッシュにプリローダーを含める

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
HTML5 Canvasのパブリッシュ設定で、プリローダーが含められるようになりました。
講師:
03:04

字幕

このレッスンでは HTML5 Campus のパブリッシュ設定に加わったプリローダーを含める設定についてご紹介をします。まず今開いているのはHTML5 Campus のドキュメントです。ただ画像が置いてあるだけで何もアニメーションはしないんですがこの画像はかなり大きいです。確認してみましょう。ライブラリで確認しますとこれはグラフィックシンボルになっているんですが、その中に3枚の画像があります。これが一番元画像なんですけど見てみるとサイズがかなり大きいです。3531 × 5296 pixel ということでその上にレイヤーが重なっていてこの画像を構成しているわけなんですが重ねたレイヤーの画像もサイズはすべて一緒です。こんな効果を与えるような画像が半透明で重ねられています。ですから かなりサイズが大きいということでプリローダーを試すのにローカルですとすぐに読み込みされてしまうのでわざわざちょっと大きい画像を含めてみました。それでも ローカルでは一瞬しかプリローダーが見えないですけど試してみましょう。まず、パブリッシュ設定です。「ファイル」>「パブリッシュ設定...」でこれが新たに加わったオプションです。 上の2つのオプションも今回加わったんですけど「ステージを中央に表示」これ選択しておきましょうか?レスポンシブはいいでしょう。「プリローダーを含める」にチェックを加えます。そして「デフォルト」とあるのはこれはプリローダーですのでその間に gif を表示するんですがどういう gif を表示しましょうかということなんですね。デフォルトで1個設定されていてプレビューで確認することができます。こんな gif 画像です。OSX ではプレビューは開くんですがこれは終了しましょう。もしご自分で作った gif がある場合には、この参照でその gif を選ぶことができます。今回はデフォルトで行きましょう。そして この設定で OK してでは プレビューを確かめてみましょう。少し時間がかかるんですけれど「制御」>「プレビュー」です。書き出しに少し時間がかかります。開きました。一覧のプリローダーの gif が見えましたね。もう一度確認してみましょう。これはキャッシュをクリアしないと駄目なので Chrome の場合には「閲覧履歴を消去」ということでキャッシュ画像がクリアできますので消去します。また一瞬ですのでよくご覧下さい、リロードします。 そうすると、一瞬ここ見えましたね。そして画像が表示されるということでプリローダーが設定されたということは一応確認できたでしょうか。このレッスンでは HTML5 Campus のパブリッシュ設定に加わったプリローダーを含めるというオプションについてご説明をしました。

Animate CC の新機能

Flash ProfessioalがAnimateへと生まれ変わりました。新しいAnimateではこれまでのFlash PlayerやWebだけではない、より幅広いメディアプラットフォームへの対応が強く意識されています。HTML5への対応強化やCreative Cloudを通じた他のアプリケーションとの連携の機能など新しい機能や機能強化について解説します。

1時間18分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年04月21日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。