GarageBand入門

新規プロジェクトの作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

GarageBandの起動直後や「ファイル>新規」実行直後に行われる新規プロジェクトの作成について解説します。

講師:
05:35

字幕

このレッスンでは、新規プロジェクトの作成について解説します。GarageBand を起動した直後もしくは、「ファイル」メニュー>「新規」を選んだ時今は選べなくなっていますがその時には、この新規プロジェクトの作成画面が出てきます。プロジェクトというのはGarageBand で例えば楽器音でフレーズを構築したりまたは、生のオーディオを録音したりそうした作業を行って、曲を構築していくその1曲分の単位のことをプロジェクトと呼びます。このプロジェクトの作成画面ではあらかじめいくつものプリセットが入っていて特定の作業であるとかジャンルの楽曲制作に使いやすい内容がすぐに作れるようになっています。では、試しにヒップホップをクリックして選択した状態でこちらの「選択」というボタンですね、これをクリックしてみましょう。そうすると、プリセットに従ってヒップホップの楽曲をすぐに作り始めやすいような内容があらかじめ構築されて開かれます。最初から、例えば♪(再生された音楽)♪このようにリズムがアサインされていたりしてすぐにヒップホップ系の曲を作れるという状態になっています。プロジェクトですが、新規に作成してその後に1回保存を行うまではまだファイルとして存在していない状態となっています。 Mac のメモリー上にだけ置かれているという状態になっています。保存を行わないうちにプロジェクトを閉じようとすると保存しますか、と聞いてくるのでもちろん、保存する場合には「保存」ですね。保存しない場合には「保存しない」をクリックすると今の内容はすべて破棄されてまたこの新規プロジェクトの作成画面に戻ってきます。なので、ちょっと試しに音を出すだけなら保存しなくてもいいですが通常の作業で曲を残していく場合には必ず忘れないように、最初の時点で保存を行ってその後、こまめに上書きの保存を行っていってください。そして新規プロジェクトの作成画面には詳細という項目があってここをクリックすると展開します。詳細の中にはこのような項目があります。例えば、テンポですね。いわゆる BPM、ビート・パー・ミニット1分間に四分音符が何回打たれるかの数字で出ています。テンポは、スライダーで動かしたりまたは、数値入力こういった方法で設定すると同時に「タップテンポ」というもので設定することができます。タップテンポは、このボタンを自分の感覚の中でこれ位かなという速さで連続して叩いてやるとそれを検出してそれに合ったテンポの数字を出してくれます。ちょっとやってみましょう。 私が今叩いていた速さだと116 BPM と検出されました。このように数字でなかなか分かりづらいけど感覚としてこの位と指で叩けるようなものであればこのようにタップテンポで設定することができます。その下にあるのが「キー」ですね。キーの設定で、メジャーとマイナーを設定することができます。そして、その下に「拍子」ですね。これはクリックするごとにこのように変化していって通常は、あまり使わないようなところまで設定できるようになっています。そして、オーディオの録音を行う場合には「オーディオ入力」そして、楽器音等が出ていく「オーディオ出力」これらは今スピーカーやヘッドホン等が繋がっていて聞くことのできるデバイスを選べます。それで様々なプリセットはありますがゼロから楽曲を作るとき一番すっきりしていて作りやすいかなと思うのがこの「空のプロジェクト」ですね。これを選んで、「選択」とするとこのような画面に移ってきます。空のプロジェクトでは次にどのような楽器をアサインするかその選択肢が出てきてそれを選んだものに対してこのように配置が行われます。最初は何も出ていなくてちょっとびっくりするかもしれませんが少しだけ GarageBand のことが分かれば結局これで追加するのが一番分かりやすいと思うのでこのコースでは基本的に最初に作業を始めるときには空のプロジェクトから始めるのを原則として行っていきます。 空のプロジェクトに、例えばドラマーというのをアサインすると♪(ドラム音)♪こんなドラムのフレーズが打ち込まれていてすぐに作業を始めることができます。一番基本となるプロジェクトの作成ですね、この手順は必ず覚えておいてください。

GarageBand入門

GarageBandは初心者でも簡単にDTMを楽しむことができる音楽制作ソフトです。このコースではGarageBandの基本的な操作からソフトウェア音源を使用した楽器の演奏と録音、フレーズの打ち込み手順などを解説します。さらにオーディオ素材の活用法やエフェクトを利用したミックス、外部音源の取り込みや完成した曲の書き出し方法などについても説明します。

2時間50分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。