GarageBand入門

一般的な音色

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ソフトウェア音源における楽器音の選択と、スマートコントロールやモジュレーションを使った場合のサウンド変化について解説します。
講師:
09:19

字幕

このレッスンでは一般的な楽器の音色について解説します。それでは、今の状態ですが新規プロジェクトを立ち上げてソフトウェアを音源をアサインしてミュージックタイピングが立ち上がっている状態です。この状態でキーボードを押すと(鍵盤の音)演奏ができるようになっています。今鳴っている音ですがここの部分ですねライブラリを見るとカテゴリーが Baseそして、Base の中の音色が選ばれています。基本的にソフトウェア音源の音色を選ぶときにはまずカテゴリーを選んでそしてその中にある任意の物を選ぶとそれに音が切り替わります。そして、音色が切り替わると同時にこちらのイラストも切り替わってどんな楽器かちゃんと確認しながら音を使うことができます。では、今 Base になっていますけど例えば他のところを見てみましょう。では、Mallet なんてところにくるとMarimba とVibraphone があるんですがこれを見ていただくとこんな感じに矢印が付いています。これは何かというと、まだダウンロードされていない音色となります。GarageBand の音色は結構ファイル容量を食うので一気にダウンロードしてしまうとハードディスクを食ってしまいます。 なので、一部の音色はこのように必要になった時にその都度ダウンロードするような形となっています。もし使いたい時にはこれをクリックするとこれが回っているとダウンロードされているんですね。そして、ダウンロードが終わるとこの様に使えるようになってマリンバの音が入りました。(マリンバの音)このように使うことができます。そして、ソフトウェア音源を使うときに必ず一緒に立ち上げてもらいたいウィンドウがあります。それが、「表示」>「Smart Control」 というものですね。これを実行するとこの部分にこんなインターフェイスが出てきます。例えば、Base の中のFingerstyle Base というのを選んでおくとこんなものが出てきます。これは、エレキベースのボディについているノブに更にちょっとアンプに代わっているような項目ですねそれが入っている特殊なコントローラーです。例えば、何もしない状態だとこんな音です。(ベースの音)ここら辺を見るとBoost とか Tone とかありますね。Tone を動かしてみると(トーンコントロールがかかったベースの音)音の中の高い成分を出したりひっこめたりエレキベースのボディについているトーンコントロールに似ていますね。 また、Fuzz なんていうのを上げてやると(ファズがかかったベースの音)どんどん歪んだ音になります。ファズというエフェクターがありますけどそんな感じです。そして、Delay 。これを上げると(ディレイがかかったベースの音)音が遅れて跳ね返ってきます。ディレイのエフェクトですね。そんな感じに音色の調整であったりエフェクトであったりそういった物がまとめて入っています。これを楽器を切り替えるごとに内容が変わっていきます。エレキベース系は一緒ですけど例えば、Upright Base にしてみると全然違う内容になりました。(ウッドベースの音)このような生のベースなんですが(ベースの音)この様に低域とか中域を調整したりまた、Reverb なんてのを上げてやると(リバーブがかかったベースの音)こんな感じで響きを加えたりということもできます。Smart Control の中身を操作してこそGarageBand の持っている音色のポテンシャルを最大限に引き出せるのでこれは必ず出しておいてその都度曲に合わせて各項目をいじってください。また、その他音色によっては特殊な仕様を持っているものもあります。では、Guitar を開けてAcoustic Guitarこれを開けてみましょう。 音を鳴らしてみると(ギターをつま弾く音)こんな風にここら辺の音域は普通の音なんですがちょっと音域を下げていきます。(ギターをつま弾く音)(ギターのストローク音)音域を下げていくとある時点でこの様にストロークした音になりました。(ギターをつま弾く音)これが通常のギターの最低の音ですけど(ギターのストローク音)それより低い所に行くと(ギターのストローク音)このようにコードをジャーンと鳴らした時の音になっています。単音に加えてこのような特定の奏法を再現するそんなものも入っています。奏法を再現という意味では例えば Orchestralオーケストラ楽器の中に入っているオーケストラ楽器はこの中にさらにカテゴリーがあります。Brass、 Chorus、 Harpこの様ないろいろな物がありますけどBrass を選んでみましょう。例えば、Full Brass を選んでみるとこの様に金管楽器のインターフェイスになりますがこれでちょっと音を出してみますと(金管楽器の音)この様なブラスセクションの音になりますが(金管楽器の音)この様にスイッチの切り替えで(金管楽器のレガート音)伸ばしているレガートの音とか(金管楽器のスタッカート音)短く切っているスタッカートの音かそういった物を切り替えることができます。 また、その他にちょっと変わったところではこの Chinese Traditional 中国の伝統楽器こんなカテゴリーもあります。ここら辺を切り替えてみると(二胡の音)これは二胡ですね。こういった物の音も入っていますがこれもスイッチを切り替えると(二胡の弦をこする音)こんな風に弦をこすった時の音まで入っていますね。様々な奏法を切り替えることができます。また、同じ音でも(二胡の音)通常の奏法とモジュレーションを上げたときの音これ違ってきます。例えば、モジュレーションをちょっと上げてみると(二胡のビブラート音)こんな感じにビブラートがかかりましたね。なので、(二胡の音)こんな風に弾いていてどっかの時点で(二胡のビブラート音)こんな風にところどころビブラートが強くかかるようにするそのような使い方もできます。モジュレーションについてはこの Synthesizer の項目ですねここが特に強くきく音色が多くなっています。Synthesizer のカテゴリーの中も更に細かく分かれています。Synth Base のところから選んでみましょう。例えば(シンセベースの音)こんな音があったとするとモジュレーションを強くしてみると(モジュレーションがかかったシンセベースの音)結構大幅に変わっていきます。 他の音を鳴らしてみると(シンセベースの音)これなんかモジュレーションのコントロールでハーモニーが変わってくるとそのような作用をするものもあります。また、このような Transform Padというのが出てくるものはこのパッドの上の様々な文字が書いてあるところを動かしていくと音の感じが変わっていきます。では、同じ音を(シンセベースの音)これを出してから動かしてみると(シンセベースの音)こんな感じでダイナミックに変わっていきます。このように様々なジャンルの音色それに Smart Control の操作やモジュレーションの適用を合わせるとかなり幅広いサウンドを得ることができます。単に鳴らすだけでなくこうしたところを細かく操作してやるとより細やかな表現が出来るのでぜひとも覚えておいてください。

GarageBand入門

GarageBandは初心者でも簡単にDTMを楽しむことができる音楽制作ソフトです。このコースではGarageBandの基本的な操作からソフトウェア音源を使用した楽器の演奏と録音、フレーズの打ち込み手順などを解説します。さらにオーディオ素材の活用法やエフェクトを利用したミックス、外部音源の取り込みや完成した曲の書き出し方法などについても説明します。

2時間50分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。