GarageBand入門

ベースの打ち込み

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
新たにトラックを追加し、ベースの音色を割り当てた上でフレーズを入力し、スマートコントロールで音色をエディットします。
講師:
05:21

字幕

このレッスンではベースパートの入力を行います。それでは、このレッスンのファイルを開くとこの様な状態となっています。再生すると♪(ドラムの音楽)♪ドラムの演奏が行われます。では ここに更にベースを足してみましょう。では新たにトラックを作成します。この+のボタンをクリックしてそして選択肢の中から「ソフトウェア音源」を選んで作成します。そしたらカテゴリで Bass を選んでFingerstyle Bassこれを選びます。一度ミュージックタイプを表示してちょっと音を鳴らしてみましょう。(ベースの音)こんな音ですね。では これを使ってベースパートをフレーズを入れて行きます。では ここにリージョンを作成します。Command キーを押しっぱなしにして鉛筆の状態にしてここですね、クリックします。そしたら、クリック後にこの端っこにポインタを合わせるとこんな表示となるので伸ばして2小節分にしてあげます。ではこれ、ダブルクリックして「ピアノロール」に入りましょう。そしたら、「ノート」の方のタブをクリックして「ベロシティ」を最大にしてしまいましょう。そうすると(ベースの音)こんな感じのサウンドが鳴ります。では(ベースの音)この辺の音域でフレーズを作っていきましょう。 ではこんな感じに入れて下さい。まず最初の音Command キーを押しっぱなしにして鉛筆にしてこの C2 の音程ですね、これをクリックすると 16部音符が2つ分なので8部音符1個ですね。そのノートができました。では、これまた2マス空けてここに、またクリックするとちょっと音程がずれたので半音あげてやります。そして今度、このちょっと暗い所こんな感じになりました。再生してみると♪(ドラムとベースによる音楽)♪こんなフレーズになってます。では、これ3回繰り返します。3回繰り返す時には全部入れて行くと面倒なのでこんな操作を行ってください。ドラッグですべてのノートを選びます。そしたら Option キーを押しながらドラッグします。するとこの様に複製することができました。もう1回 Option キーを押しながらドラッグするとすぐにコピーできます。これで聞いてみると♪(ドラムとベースによる音楽)♪こんなフレーズになりました。3回繰り返してますね。では次の音を入れましょう。次がこれぐらいですね。そしてまた、この部分ここの音はちょっと伸ばしたいので3マス分とります。最後にもう1個前のノートと一緒になってはみ出してしまったので縮めて、揃えます。 そうすると、再生するとこんな感じになります。♪(ドラムとベースによる音楽)♪♪(ドラムとベースによる音楽)♪こんな雰囲気ですね。では ノート自体はこれぐらいにして次は、このボタンをクリックしてスマートコントロールを表示します。では フレーズを流しながらスマートコントロールをいろいろいじってみましょう。♪(ドラムとベースによる音楽)♪♪(ドラムとベースによる音楽)♪♪(ドラムとベースによる音楽)♪♪(ドラムとベースによる音楽)♪こんなサウンドになりました。ちょっと全体にブーミーな感じですが歪み切らずにふくよかな感じになっています。♪(ドラムとベースによる音楽)♪この様にフレーズが固まってからこちら更に詳細にいじっていくとよりフレーズに合った最適な音色を作ることができます。より最適なフレーズとするためにこうした音色のちょっとしたコントロールも是非行ってください。

GarageBand入門

GarageBandは初心者でも簡単にDTMを楽しむことができる音楽制作ソフトです。このコースではGarageBandの基本的な操作からソフトウェア音源を使用した楽器の演奏と録音、フレーズの打ち込み手順などを解説します。さらにオーディオ素材の活用法やエフェクトを利用したミックス、外部音源の取り込みや完成した曲の書き出し方法などについても説明します。

2時間50分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。