GarageBand入門

ギターの打ち込み

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ストローク系のギター音色を使い、コード感とリズミカルさを出した上で、音量やパン、スマートコントロールの項目を操作します。
講師:
07:51

字幕

このレッスンではギターの打ち込みを行います。それでは、このレッスンのファイルですがこんな状態になっています。♪(ドラムとベースによる音楽)♪ドラムとベースが入った状態となっています。では ここにギターのトラックを加えてみましょう。それでは+をクリックして新しくトラックをアサインします。「ソフトウェア音源」を選んで「作成」をクリックします。そしたら、ここからGuitar を選んで今回は Acourstic Guitarこれを選びましょう。1回「ミュージックタイピング」で鳴らしてみると(ギターの音)単体の音だとこんな音なんですが今回はオクターブの下の方を使って(ストロークの音)こうしたストロークの音を入れてみようと思います。では ミュージックタイプは閉まってここにリージョンを作成します。では Command キーを押しっぱなしにして、鉛筆マークにしてそして ここをクリックします。そして、端っこの部分をドラッグして2小節に伸ばします。ではここをダブルクリックして開けます。そして(ギターの音)この辺単体の音の所なのでずっと下の方(ギターの音)こういった所を使います。ではこの表示は「ノート」の切り替えて下さい。 では今回(ドラムとベースの音楽にギターの音)この音でストロークの状態を作ろうと思います。このギター音色の下の方の鍵盤は一応鳴らすだけでストローク的な演奏になるのでシンプルなノートを並べただけでも面白い演奏になります。ちょっとやってみましょう。(ギターの音)16部音符が3つ分の長さなので付点8部音符ですね。その長さで(ギターの音)2個目以降は直前のノートと同じ長さになります。(ギターの音)これで4つ付点8部音符であったら最後だけ4部音符ですね。(ギターの音)こんな感じになりました。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪ストロークしているギターが入ったんですがこれだと全体が単純な気がします。なので、こうした音色を打ち込む時全部の音を♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪伸ばしてしまうのではなくてところどころ短くしてミュートしてるような感じにすると雰囲気がでます。例えば、2個目と4個目を短くしました。これだと♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪歯切れが良くなってきましたね。そしたら更に、ここの短い所ここに対して(ギターの音)もう1個ノートを入れてみましょう。 ♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪手数が増えてかき鳴らしてるような感じになりました。ただ今、強弱がちょっと不自然なのでそれを付けてやります。ではそれぞれのノートそれのベロシティを変えてやります。例えば 1発目は強くそして、このミュートの部分はもっと小さくしてこのミュート同士もそれぞれボリュームを変えてやって(ギターの音)(ギターの音)こんな風にしてやると♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪大分雰囲気が変わってきましたね。こちらの後の方のミュートこれ短くしてみましょう。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪そして更にベロシティを聞きながら更に調整していきます。(ギターの音)こちらをもっと抑えて最後のミュートを(ギターの音)ちょっと強めにします。(ギターの音)♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪(ギターの音)この様にエディット重ねていくと♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪どんどん雰囲気ができていきます。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪これぐらいでいいかなと思います。では2小節分に コピーします。 全体をドラッグして選んでOption キーを押しながら此方側に持ってきます。そうすると、こんな感じでなります。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪では、今ちょっとギターの音量大きすぎるのでボリュームを下げます。各パート、各トラックのボリュームはこの部分で変えることができます。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪更に今ステレオの真ん中からでてますけどこれを右側から聞こえるようにパンを振ってやります。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪最後にスマートコントロールを表示してこれで音質の調整を行います。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪今、LOW を低音をちょっとカットしてHIGH を持ち上げてそしてこれから AMBIENCE部屋鳴りをちょっと多くしてみます。♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪♪(ドラム、ベース、ギターによる音楽)♪この様な感じで他のパートとも違った感じになってより曲に広がりがでてきました。このギターのストローク系の音色うまく活用するポイントとしてはこうしたミュートの所とかをうまく入れていって歯切れよさを出していくことによって全体のコード感だけでなくリズム感の方も後押しする状態となります。 こうした細かい所是非とも試してみて下さい。

GarageBand入門

GarageBandは初心者でも簡単にDTMを楽しむことができる音楽制作ソフトです。このコースではGarageBandの基本的な操作からソフトウェア音源を使用した楽器の演奏と録音、フレーズの打ち込み手順などを解説します。さらにオーディオ素材の活用法やエフェクトを利用したミックス、外部音源の取り込みや完成した曲の書き出し方法などについても説明します。

2時間50分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月22日
再生時間:2時間50分 (25 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。