GarageBand入門

メロディのリアルタイム記録

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ミュージックタイピングによるアドリブ演奏をリアルタイムで記録し、細かい部分の修正を行います。
講師:
07:19

字幕

このレッスンではリアルタイム入力について解説します。ではこのレッスンのファイル現在の状態ですが♪(制作中の音楽)♪この様なループになっています。では、これにピアノでメロディーを弾いて仕上げたいと思います。ではピアノのトラックを追加します。+をクリックして「ソフトウェア音源」ですね。これで作成します。そしたら 「Piano」 >「Grand Piano 」ですね。これを選びます。では「ミュージックタイピング」を表示して(ピアノの音)音を鳴らしてみます。では再生しながら鳴らしてみましょう。♪(制作中の音楽とピアノの音)♪♪(制作中の音楽とピアノの音)♪この様な雰囲気になるので今回は「ピアノロール」に書き込むのではなく「ミュージックタイピング」のリアルタイムの演奏でデータを記録します。こうしたリアルタイムの録音一番良いのは外部の鍵盤のハードウェアが繋がってるとやりやすいですが「ミュージックタイピング」でもそうしたこと、弾ける範囲で行うことができます。ではまずサウンドの準備をしましょう。スマートコントロールを開けてそしてその中にREVERB というのがあります。一番右ですね、これを強くすると(リバーブがかかったピアノの音)この様に響きが強くなるのでこれで弾いてみると♪(制作中の音楽とピアノの音)♪馴染んだ雰囲気になりましたね。 ではこの音でこの雰囲気で「ミュージックタイピング」のアドリブ演奏で記録してみたいと思います。その前に下準備として今2小節のループになってるのでまずサイクルをオフにします。そしてこれらのループを延長します。では全体がもっと良く見える状態にしてそれぞれのループをちょっと余裕をもって伸ばしておきます。そしたら先頭の所からこのピアノのトラックリアルタイムで録音を行います。リアルタイムで録音を行う時は現在のトラックの音を(ピアノの音)「ミュージックタイピング」かまたはハードウェアの鍵盤で出せるようにしておいてそして録音ボタンで録音開始して録音中に演奏すればそれが記録されていきます。では実際にやってみましょう。♪(制作中の音楽とピアノの音)♪♪(制作中の音楽とピアノの音)♪♪(制作中の音楽とピアノの音)♪♪(制作中の音楽とピアノの音)♪♪(制作中の音楽とピアノの音)♪♪(制作中の音楽とピアノの音)♪この様な形となりました。では、今記録したものを聞いてみましょう。♪(記録した音楽)♪♪(記録した音楽)♪♪(記録した音楽)♪♪(記録した音楽)♪♪(記録した音楽)♪今この様に演奏した通りが入っています。では「ミュージックタイピング」は閉じてしまってこの記録したリージョンを開けてみましょう。 すると、この様な形で弾いたものがそのままの形でノートとして記録されています。見ていくと手動でしかもパソコンのキーボードで弾いているのでところどころずれた所があります。こうした所は手動でこの様にピッタリになる様に直してもいいですしもしくは、このリージョン全体の「タイムクオンタイズ」これをオフから、例えば16 分音符にしてあげると全体のノートの位置調整が行われて微妙に速かったり遅かったりした所が、16 分音符の範囲内で一番近いグリッドに沿うようになってます。これで聞いてみると♪(記録した音楽)♪♪(記録した音楽)♪♪(記録した音楽)♪全体に歪みは良くなってるんですけどたまにこの様に完全にずれてしまう余計ずれてしまうこともあるのでこういった所だけ手動で正しい位置に直してやります。そうすると♪(修正された音楽)♪大丈夫ですね。例えばあまり鍵盤演奏が得意でなかったりまた、弾くのがだいぶ不自由なパソコンのキーボードであってもこの様に後から直すことができるのでリアルタイムにアドリブなんかも加えながらの演奏を行っていくと、かなりスピーディーに作業を行うことができます。更に個々の音についても音の長さもバラつきが出てるのできっちり1つ1つピアノロール上に書いていった音よりももっと揺らぎが出てそれが全体的にまた違った雰囲気をもたらしています。 こうしたリアルタイムの入力法も是非活用して下さい。

GarageBand入門

GarageBandは初心者でも簡単にDTMを楽しむことができる音楽制作ソフトです。このコースではGarageBandの基本的な操作からソフトウェア音源を使用した楽器の演奏と録音、フレーズの打ち込み手順などを解説します。さらにオーディオ素材の活用法やエフェクトを利用したミックス、外部音源の取り込みや完成した曲の書き出し方法などについても説明します。

2時間50分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年06月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。