Animate CC 基本講座

Illustratorファイルの読み込みオプション強化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

Illustratorファイルの読み込みに詳細なオプションが加えられました。

講師:
03:27

字幕

このレッスンでは、Illustrator ファイルの読み込みに加えられた詳細なオプションを紹介します。Illustrator のファイルを読み込む時というのは他のアセットのファイルと同じ様に「ファイル」>「読み込み」>そして「ライブラリに読み込み」もしくは「ステージに読み込み」を選びます。そして、今回 Illustrator のファイルが既に用意されているんですけどもこちらで開く前にまず、 Illustrator の方でどういうファイルなのかを確かめておくことにしましょう。いったんキャンセルします。こちらが、これから読み込もうとしているIllustrator のファイルです。ゾウのイラストレーションなんですけども何か重なっていますね。レイヤーを確認してみましょう。ポーズが 3 つありましてこれが pos.1 という基本の状態ですね。次に、鼻を延ばした状態。それから最後に鼻を縮めた状態。この 3 つのレイヤーがあります。この 3 つのレイヤーをこのまま置いておいてAnimate の方に読み込んでみます。Animate の方でレイヤーを選択することができるんです。では、改めて Aminate CC で読み込みます。 「ファイル」>「読み込み」>今回は「ステージに読み込み」を選びましょう。そして、今のゾウのイラストのファイルですね。これを開きます。そうすると、レイヤーがこの様に表示されたダイアログが開きます。元々のダイアログというのはこれぐらいのシンプルなものだったんですがそれに対して、詳細オプションと言うものが加わりました。ここでレイヤーをGroup とかそういったものを畳んでしまうことができます。この pos.1 というのを読み込みたいと思います。そうしたら、それ以外はいらない。あと2つありましたねpos.2 と pos.3これはチェックを取ると読み込まれません。そして、 pos1. に対して「ビットマップとして読み込む」のは残念です。もったいないので、今回はムービークリップにしてしまいましょう。「ムービークリップを作成」をチェックします。そして、ムービークリップということは基準点が選択できますね。左上でいいでしょう。そして、インスタンス名が設定できます。ここは elephant 。シンボル名ではなくてインスタンス名ですので、ご注意ください。そして、他のオプションもありますがビットマップにはしません。 この辺はこのままで良いでしょう。「ステージサイズをIllustrator アートボードと同じサイズ(533x340)に設定」という設定もありますけどここは特に選ばずにこの1つのレイヤーですね。最初のポーズのゾウだけを読み込みたいと思います。「読み込み」を選択です。そうすると、さっき3つ重なっていましたけれども一番下のレイヤーにあったゾウが読み込まれました。そして、ここにシンボル名はファイル名と同じです。pos1. だけを読み込んだのでその素材がシンボルになっています。それから、インスタンス名ですねこちらも確認しておきましょう。「プロパティ」を見てみるとelephant という名前が付いています。このレッスンでは、Illustrator ファイルの読み込みの強化された詳細オプションというのがどういうものなのかということをご紹介しレイヤーを選択して、しかもムービークリップシンボルにするというやり方をご紹介しました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。